その洗顔の仕方はNG!肌荒れを防ぐ正しい洗顔方法を伝授!

洗顔の仕方

「毎日洗顔しているけど、そもそも正しい洗顔の仕方ってあるのかな?」とお考えではないですか?

洗顔は、美しくなめらかな肌を目指す上で重要なスキンケアの1つです。

洗顔の仕方を間違えていると、知らないうちにお肌に日々、負担をかけてしまいます。

そこで今回は、美しくなめらかな肌を目指すために重要な正しい洗顔の仕方とそこから得られるメリットについて紹介します。

1.その洗顔の仕方、実は間違っている!!

間違っている洗顔の仕方
こちらでは実は間違っている洗顔の仕方について紹介します。

ついやってしまっている方は、洗顔の仕方を見直すようにしましょう。

1-1.間違っているNG洗顔の仕方

<NG洗顔の仕方>
①冷水や熱めのお湯で洗い流す
②洗顔料を十分泡立てずに直接肌へなじませる
③力強くゴシゴシと擦るように洗う
④長時間、洗顔料をのせてしっかりと洗う
⑤洗顔後、タオルで擦るように拭く
⑥1日に何度も(3回以上)洗顔する

①冷水や熱めのお湯で洗い流す

熱いお湯で洗顔NG
洗顔料を落とす際に熱めのお湯で流すと、肌に必要な水分や油分まで一緒に落としてしまい、乾燥を招きやすくなります。

また、冷水で洗い流すと毛穴が引き締まるような気がしますが、一時期的に肌が冷えて縮まっている状態なだけです。

急激な冷えは赤ら顔や乾燥の原因になる可能性もあるので、冷水で洗い流すのは、控えるようにしましょう。

②洗顔料を十分泡立てずに直接肌へなじませる

洗顔料を泡立てない
洗顔料を十分に泡立てずになじませると、泡のクッションができないために摩擦が起こって肌への負担となることがあります。

摩擦による肌への負担は、乾燥や肌荒れの主な原因になるので、きちんと泡立てて肌になじませましょう。

③力強くゴシゴシと擦るように洗う

力強くこする
毛穴の黒ずみなどの汚れを落とそうとゴシゴシと擦るように洗うと肌を傷つけ、乾燥を招きやすいです。

すると肌は油分が足りないと思い、皮脂を過剰分泌してしまう可能性があり、悪循環となってしまいます。

無理に落とそうとするのではなく、やさしく撫でるように洗いましょう。

④長時間、洗顔料をのせてしっかりと洗う

長時間洗顔NG
長時間、洗顔料を肌にのせて洗っていると肌への摩擦や負担が大きくなりやすいです。

洗顔は大体1分から1分半程度で終わらせるように意識しましょう。

⑤洗顔後、タオルで擦るように拭く

タオルゴシゴシNG
洗顔後にタオルでゴシゴシと擦るように拭くと摩擦が起きて、肌に負担となってしまいます。

清潔なタオルで水分を吸収するように、ポンポンと優しく拭きましょう。

⑥1日に何度も(3回以上)洗顔する

一日に何度も洗顔NG
脂性肌の方はやってしまいがちですが、テカりや皮脂、ニキビなどが気になるからと何度も洗顔するのは控えましょう。

洗いすぎにより、必要な皮脂や水分も落としてしまい、さらに皮脂が過剰分泌されたりと悪循環になってしまいます。

とくに思春期以外のテカりやニキビは、乾燥が原因となっている場合も多いので、洗いすぎるよりも保湿することをおすすめします。

1-2.洗顔の仕方を間違ったまま繰り返すと?

間違った洗顔を繰り返すと

前述で紹介した間違い洗顔を繰り返すとせっかくの洗顔が負担となってしまい、下記のような肌悩みを引起こす可能性があります。

①乾燥

乾燥肌 女性

②ニキビ

ニキビ

③シワ

シワ

肌にとって気を付けたいことは、刺激や摩擦をできるだけ与えないことです。

しかし、間違った洗顔では肌を擦ったりするなどの刺激や摩擦が大きくなってしまい、肌に必要な皮脂や水分まで落としてしまいます。

すると肌の水分と油分のバランスなどが崩れ、過剰に皮脂が分泌されてニキビができてしまったり、乾燥によってシワが目立ったりなどいろいろな肌悩みをもたらす可能性があります。

このように洗顔は、ただ顔を洗えばいいというものではなく、正しい洗顔の仕方をきちんとおこなうことが大切です。

2.美肌を目指す正しい洗顔の仕方

%e3%83%8b%e3%82%ad%e3%83%93%e3%82%b1%e3%82%a2-%e6%b4%97%e9%a1%94

こちらでは今までのことをふまえた上で、正しい洗顔の仕方について紹介します。

間違い洗顔に当てはまってしまった方も、そうでない方もあらためて普段おこなっている洗顔の仕方について確認してみましょう。

①洗顔前にきちんと手を洗い、清潔にする

 洗顔前に手を洗う
手を洗わずに洗顔をすると、雑菌が肌についたり、洗顔料の泡立ちも悪くなってしまいます。

洗顔前には必ずハンドソープや石鹸などでしっかりと手を洗い、清潔にしましょう。

②洗顔料をよく泡立てる

洗顔料を泡立てる
洗顔料を泡立てずに使うと、余分な皮脂を落とすためにゴシゴシ擦るように洗ってしまい、肌を傷つけてしまいます。

洗顔料の泡立てには、泡立てネットを使って洗顔料に水をしっかりと含ませて泡立てることがおすすめです。

③Tゾーンから、頬、目や口などの順番で洗う

T-ゾーンから洗う  
まずは比較的皮脂が多いTゾーン(おでこ、鼻)から洗い、次に頬を優しく洗います。

目や口周りは皮膚が薄くデリケートなため、最後に泡をのせて軽く押さえる様になじませましょう。

④素早くなじませる

すばやくなじませる
長時間、洗顔料をのせて洗っていると肌への負担が大きくなり、乾燥の原因となる場合があります。

洗顔は大体1分から1分半程度で、汚れが落ちるので素早くなじませましょう。

⑤30度から32度くらいのぬるま湯で30回程度すすぐ

ぬるま湯で30回くらいすすぐ

毛穴から余分な皮脂が浮き出すのが、大体30~32度くらいだと言われています。

そのため、洗顔は30度~32度程度のお湯で十分汚れは落ちます。

お湯の温度が熱すぎると、肌にとって必要な皮脂まで一緒に落としてしまい、乾燥をもたらす可能性があります。

触ったときにぬるいなと感じる程度を目安に温度調整をし、擦らずに優しく30回程度すすぎましょう。

⑥清潔なタオルで優しく水気を取る

清潔なタオルで水気を取る

ゴシゴシと擦るようにタオルで拭くと摩擦により肌が傷つく可能性があります。

そのため、清潔なタオルをポンポンと優しく肌に当てて水気をとり、擦らないように気を付けましょう。

⑦洗顔後はすぐに保湿をする

洗顔後はすぐに保湿

洗顔後、すぐの保湿を怠ると肌が乾燥してしまいがちです。

洗顔後は時間を置かずに、できるだけ早く化粧水や美容液などのスキンケアをおこないましょう。

【miarii編集部おすすめの洗顔料】
■肌ナチュール 炭酸泡洗顔料

肌ナチュール プレミアムクリーミーホイップ

>>肌ナチュール炭酸洗顔フォーム 公式HPはこちら

肌ナチュールはホイップクリームのようなキメの細かい濃厚炭酸泡がそのまま出てくるので、泡立てずに洗顔することができます。

炭酸クレンジングが汚れを落とす

肌になじませることで炭酸泡が汚れに吸着して汚れをしっかりと落とします。

肌を包み込むようなモコモコの泡で洗うため、摩擦を与えずにやさしく洗顔できます。

また、炭酸は古い角質などによって硬くこわばってしまった肌を柔らげてくれるので、次に使う化粧水や美容液などのスキンケアアイテムを角質層まで浸透しやすくしてくれます。

ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分がたっぷりと配合されているので、洗顔後の乾燥も防ぎ、しっとりとしたうるおいが続きます

smp_h_cle_v7_23_105

また、肌のキメを整える出雲の温泉水や肌を柔らげる酒粕を使用するなどにこだわり、合成香料や合成着色料などは使用していません。

しっかりと汚れを落としながらも肌に負担はかけないので、ぜひおすすめしたい洗顔料です。

>>肌ナチュール炭酸洗顔フォーム 公式HPはこちら

3.正しい洗顔の仕方で得られる2つのメリット

正しい洗顔で得られるメリット

今回紹介した正しい洗顔の仕方をすることで得られるお肌に嬉しいポイントは2つあります。

①化粧水や美容液などのうるおいを実感できる
②肌の水分・油分のバランスを整える

①化粧水や美容液などのうるおいを実感する

不要な角質や汚れが落ちるので、洗顔後の化粧水や美容液などのスキンケアアイテムが、角質層までしっかりと浸透します。

うるおいやハリを与え、なめらかな肌に導いてくれるため、化粧ノリなどもよくなり、お肌にいいことがたくさん期待できます。

<miarii編集部おすすめ美容液>

■肌ナチュール炭酸美容液

肌ナチュール プレミアムモイストエッセンス

>>肌ナチュール炭酸保湿美容液
公式HPはこちら

肌ナチュール炭酸保湿美容液は、高濃度の炭酸が配合された炭酸美容液です。

%e7%82%ad%e9%85%b8%e6%b4%97%e9%a1%94%e3%80%80%e5%8f%a4%e3%81%84%e8%a7%92%e8%b3%aa

炭酸が古い角質などでゴワゴワとした肌をやわらげてなめらかな肌に整えつつ、セラミド1、3、6Ⅱ、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどの美容保湿成分を角質層のすみずみまで届けてくれます。

smp_h_cle_v7_23_105

そのため、顔全体を手のひらで包み込むようにハンドプレスをしてなじませると、肌がもっちりと手に吸い付いてくるのでモチモチの潤い肌を実感できます。

これ1本に角質層導入美容液と化粧水、保湿美容液という3つの機能が詰まっているので、ぜひ一度お試しいただきたい保湿美容液です。

>>肌ナチュール炭酸美容液
公式HPはこちら

 

②肌の水分・油分のバランスを整える

正しい洗顔をすることで、必要な水分や油分などを落としすぎることなく、肌を整えることができます。

水分や油分のバランスがとれると、乾燥などが起こりにくく、すこやかな肌を保てます。

4.そもそも洗顔の役割とは?

洗顔の役割とは

洗顔の役割とは、肌についたほこりや空気中の汚れ、古い角質や余分な皮脂、汗などの水性の汚れを落とすことです。

「クレンジングだけじゃだめなの?」という疑問をお持ちの方もいるかもしれません。

しかし、洗顔には水性の汚れを落とす役割、クレンジングはメイク汚れなど油性の汚れを落とす役割がそれぞれにあります。

そのため、メイクをした日にはクレンジングと洗顔、それぞれおこなう必要があります。

また、朝は肌も汚れていないし、水ですすぐだけでいいのではと思っている方も多いようですが、朝も洗顔は必要です。

私たちは寝ている間にもコップ1杯分の汗をかくと言われています。

また、皮脂も分泌され、寝具のほこりなども付着するので、朝も肌は汚れています。

そのため、すこやかな肌を目指すためには、朝も洗顔料を使って正しく洗顔し、肌を清潔に保つことが重要です。

5.洗顔料の種類別の特徴

%e6%af%9b%e7%a9%b4%e3%80%80%e5%af%be%e7%ad%96%e3%80%80%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81

洗顔料には、さまざまな種類があり、形状によって特徴が異なります。

ご紹介するので、洗顔料を選ぶ際などの参考にしてみてください。

■洗顔料の種類

<固形石鹸>

固形石鹸

固形石鹸は、余分な油分を含まないものが多いので、オイリー肌の方におすすめです。

ただし、泡立てに時間がかかりやすいので、泡立てネットなどを使って泡立てることをおすすめします。

また、固形石鹸は水に濡れたまま放置していると、雑菌などが繁殖しやすいです。

そのため、乾燥した清潔な場所に保管するなどの注意が必要です。

<洗顔フォーム>

洗顔料の中で最も一般的なタイプで、泡立ちが良いものが多いと言われています。

使い勝手が良く、さっぱりタイプやしっとりタイプなど洗い上がりが選べる点が特徴です。

<泡タイプ>

泡タイプ

泡タイプの洗顔料はポンプ式のものが多く、泡がそのまま出てくるので泡立てが不要で便利です。

キメが細かい泡で洗顔できるので、肌への摩擦を軽減することができます。

忙しい朝などにも使いやすく、泡立てが苦手な方におすすめです。

<パウダータイプ>

パウダー

粉状になっており、水と混ぜて泡立てるタイプの洗顔料でサッパリとした洗いあがりのものが多いです。

少量ずつ使えるので衛生的だと言われています。

<泡立てないタイプ>

泡立てないタイプ

泡立たないタイプの洗顔料は、乾燥が気になるときや肌が敏感で気になっているときなどにおすすめです。

しっとりとした洗いあがりで、肌への負担を軽減してくれることが期待できます。

6.まとめ

正しい洗顔の仕方をマスターすれば、その後の化粧水や乳液、クリームなどがさらに肌にうるおいやハリを与えてくれます。

すると肌のキメも整うので、化粧ノリもよくなるなどいいことがたくさんあります。

洗顔は美肌を目指す上で避けては通れない重要なスキンケアのひとつです。

洗顔の仕方を改善して、うるおい美肌美人を目指しましょう。

この記事は2016年02月09日時点での情報となります。
また記事の内容には個人差がございますので、ご了承ください。

おすすめの自社洗顔料

ホイップ洗顔画像

ホイップクリームのような濃厚炭酸泡が出てきます。肌になじませることで炭酸泡が汚れに吸着し、浮かせて落とすため、肌への摩擦を軽減できます。

また、炭酸は肌をやわらげてくれるので、ゴワゴワとした肌にハリ・ツヤを与えてくれることや、化粧水や美容液などを肌の角質層まで浸透しやすくしてくれることが期待できます。

こだわりの自然派美容成分やヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が贅沢に配合されているため、洗顔後もうるおいが続きます。

また、出雲の温泉水を使用するなど配合する成分にこだわり、合成香料や合成着色料などは使用していません。

摩擦をできるだけ抑えて肌に負担をかけずに不要な汚れを落とし、化粧ノリが良いスッキリした肌へと導いてくれるのでおすすめです。

商品についてもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*