頑固ないちご鼻を今度こそ!正しい洗顔ポイントと洗顔料の選び方とは

驚き 女性

ポツポツと黒ずみが目立つ「いちご鼻」...気になるしどうにかしたい!「いちご鼻」を目立ちにくくする洗顔料とか方法ってないの?と考えている方は多いのではないでしょうか。

いちご鼻って鏡を見るたびに気になって、毛穴の汚れを落とそうと何度も洗顔したり、つい指で毛穴の汚れを押し出そうと触ってしまったりしがちです。

しかし、洗顔のしすぎは逆に乾燥を招いたり、指で無理やり角栓を押しだすと毛穴が広がってさらに目立ってしまいます。

そんな悩みのタネの「いちご鼻」ですが、正しい洗顔ポイントを押さえてお手入れすれば、目立ちにくくしていくことが期待できます。

今回は、いちご鼻の正しい洗顔ポイントとスペシャルケア、洗顔料の選び方についてご紹介します。

1.いちご鼻の原因

いちご

いちご鼻の主な原因は、毛穴に詰まった角栓が酸化して黒ずんで見えてしまうことです。

過剰に分泌された皮脂と古い角質などが混ざり合って毛穴に詰まると角栓となります。

毛穴に詰まった角栓が空気に触れて酸化すると、黒ずみができて目立つようになり、いちご鼻となります。

そのためいちご鼻のお手入れは、洗顔時に余分な皮脂や古い角質などをきちんと落とすことが大切です。

2.いちご鼻をお手入れする正しい洗顔ポイント

いちご鼻をお手入れする正しい洗顔のポイント

洗顔方法が間違っていると毛穴の詰まりや汚れを肌に残してしまう可能性があります。

押さえてほしい洗顔のポイントは4つです。

毎日の正しい洗顔でいちご鼻をお手入れしましょう。

2-1.ゴシゴシと強く擦らない

ゴシゴシとこする

洗顔時に肌をゴシゴシと強く擦って角栓や黒ずみを無理に落とそうとするのは控えましょう。

傷ついた肌を守ろうとし、皮膚は厚くなり、ゴワゴワと硬くなります。

硬くなった皮膚は毛穴が詰まりやすくなるので、さらに角栓や黒ずみが目立ちやすくなり、悪循環になってしまいます。

肌はゴシゴシと擦るのではなく、なでるように優しく洗いましょう。

2-2.1日に何度も洗顔しない

何度も洗顔NG

洗顔は朝晩の2回おこなえば、十分です。

黒ずみが気になるからといって1日に何度も洗顔をすると、洗いすぎにより肌に必要な皮脂や水分まで奪ってしまいます。

肌にとって必要な皮脂や水分まで落としてしまうと、失った皮脂を補おうとさらに皮脂が過剰分泌されて毛穴に詰まり、黒ずみができやすくなってしまいます。

テカリなどが気になる場合には、あぶらとり紙でこまめに余分な皮脂を取るようにしましょう。

2-3.熱いお湯で洗わない

熱いお湯で洗顔NG

お湯の温度が熱すぎると、肌にとって必要な皮脂まで一緒に落としてしまい、乾燥を招く原因となる可能性があります。

毛穴から余分な皮脂が浮き出すのが、大体30~32度くらいだと言われています。

そのため余分な皮脂を落とすには、熱すぎるお湯ではなく、触って「ぬるいな」と感じるくらいの温度で十分です。

2-4.メイクをきちんと落とす

メイクをきちんと落とす

メイクを落とさずに寝てしまうと、メイク汚れが皮脂や角質と混ざり合っていちご鼻を招く原因となる可能性が高いです。

メイクを落とさないと乾燥しやすくなり、皮脂が過剰分泌されるとも言われているので、クレンジングをして必ずメイクを落としてから寝るようにしましょう。

正しいクレンジング方法について詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。
>>「クレンジングを味方にして潤い肌を!種類別の特徴と使い方・選び方とは」

3.いちご鼻にお悩みの方に試してほしいスペシャルケア

いちご鼻の原因となる毛穴の汚れを落とすためには、特別な洗顔方法を取り入れるのもおすすめです。

ここでは2つのスペシャルケアをご紹介します。

3-1.蒸しタオル洗顔

蒸しタオル洗顔

洗顔前に蒸しタオルを肌に当てて温めると、肌をやわらげ、いちご鼻の原因である毛穴の汚れや角栓を洗い落としやすくしてくれます。

また、肌を温めることで血行をよくし、むくみやくすみをやわらげてくれることも期待できます。

特別な道具も必要なく、日ごろの洗顔にひと手間加えるだけなので、一度試してみてはいかがでしょうか。

蒸しタオル洗顔について、詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

≫蒸しタオル洗顔には魅力がいっぱい!その方法と秘密を大公開!

3-2.ピーリング洗顔

ピーリング洗顔

ピーリング洗顔とは、普段の洗顔では落ちにくい肌に溜まった、古い角質などを洗い落とすことができる、ピーリング洗顔料を使った洗顔方法です。

ピーリング洗顔をすると、肌をやわらげ、いちご鼻の原因である古くなった角質や余分な皮脂を洗い落としやすくできます。

また、ピーリング洗顔は古い角質によるくすみもやわらげてくれることが期待できる洗顔方法です。

ただし、やりすぎると肌に負担をかけてしまうことがあるので、週に1回程度のスペシャルケアとして取り入れることをおすすめします。

ピーリング洗顔について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

≫自宅でピーリング洗顔!毛穴汚れやくすみをやわらげ憧れのツヤ肌へ

4.いちご鼻におすすめの洗顔料を選ぶ2つのポイント

いちご鼻におすすめの洗顔料を選ぶ2つのポイント

いちご鼻におすすめの洗顔料を選ぶ2つのポイントをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

<いちご鼻におすすめの洗顔料を選ぶポイント>

①保湿成分がたっぷりと入っているものを選ぶ
②肌摩擦を軽減してくれるテクスチャーのものを選ぶ

4-1.保湿成分がたっぷりと入っているものを選ぶ

保湿成分

いちご鼻には肌に潤いを与えてくれる保湿成分がたっぷりと入っている洗顔料がおすすめです。

肌は乾燥すると水分を守ろうとして、皮脂を過剰に分泌します。

すると過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まり、黒ずみができやすくなってしまいます。

また、お肌が乾燥すると毛穴周りのハリが失われて、毛穴が余計に目立ってしまう場合もあります。

保湿成分がしっかりと配合されていると乾燥を防いでくれるので、洗顔後のツッパリもなく、しっとりとした洗い上がりを期待できます。

<代表的な保湿成分>
・ヒアルロン酸(表示例:加水分解ヒアルロン酸・ヒアルロン酸Na)
・エラスチン(表示例:加水分解エラスチン)
・コラーゲン(表示例:加水分解コラーゲン・水溶性コラーゲン)
・グリセリン
・アミノ酸(表示例:アルギニン・グリシン・グルタミン酸・リシン)

4-2.肌摩擦を軽減してくれるテクスチャーの洗顔料を選ぶ

肌摩擦を軽減
いちご鼻には泡タイプなどの肌摩擦を軽減してくれるテクスチャーの洗顔料がおすすめです。

洗顔時に角栓や黒ずみを落とそうとして、指先や手のひらで強く擦ると摩擦が起き、肌に負担となる場合があります。

洗顔は指先や手のひらでゴシゴシと擦るのではなく、洗顔料を優しくなじませながら汚れを浮かせて落とすことが大切です。

【miarii編集部おすすめの洗顔料】

■肌ナチュール 炭酸泡洗顔

炭酸洗顔バナー

>>肌ナチュール炭酸洗顔フォーム公式HPはこちら

肌ナチュールはいちご鼻におすすめの炭酸泡の洗顔料です。

ふわふわの炭酸泡が出てくる洗顔料なので、肌になじませる際の摩擦を軽減できます。

炭酸クレンジングが汚れを落とす

炭酸はタンパク質に吸着する性質があると言われており、タンパク質でできている古い角質や角栓などの汚れを擦らなくてもしっかりと落としてくれます。

また、炭酸は肌をやわらげてくれるので、洗顔後の化粧水や美容液なども角質層までしっかりと浸透しやすくなるよう肌を整えてくれるのです。

ハリ・うるおい

さらに保湿成分にもこだわり、コラーゲンやヒアルロン酸、グリセリンなどが含まれているので、もっちりした洗い上がりで思わず触りたくなります。

肌に必要な皮脂やうるおいは残しつつ、汚れはしっかりと落としてくれるのでおすすめです。

>>肌ナチュール炭酸洗顔フォーム
公式HPはこちら

5.やってはいけないNGないちご鼻お手入れ方法

NGいちご鼻お手入れ

普段やってしまいがちな行動ですが、いちご鼻によくないお手入れ方法について紹介いたします。ついやってしまっている方は控えるように気を付けましょう。

5-1.過剰に毛穴パックをやりすぎる

過剰なパックNG

使用頻度を守らずに過剰に毛穴パックをやりすぎたり、使用方法を守らないと肌を痛めたりしてしまうので気を付けましょう。

何度も過剰におこなったり、記載時間を守らずに長時間パックを貼っていると、剥がす際に、毛穴周りの皮膚や肌に必要な皮脂まで取り除いてしまう可能性があります。

肌への負担が大きくなってしまうため、毛穴パックをおこなう際は、きちんと記載された頻度や時間を守り、パック後はしっかりと保湿をするように心がけましょう。

5-2.ピンセットや指先で角栓を押し出す

いちご鼻 洗顔

気になる角栓をピンセットで取り除いたり、指で押し出したりするのは控えましょう。

ピンセットや指先が当たると、毛穴周りの皮膚に刺激を与えてしまう場合があります。

すると、肌が自らを守るために角質を生み出し、厚くて硬い皮膚になりやすいです。

厚くて硬い皮膚は、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

どうしてもザラザラして気になる角栓を取り除きたいという場合には、温まると自然に毛穴が開きやすくなるので、入浴中に指で優しく擦り、拭き取ってください。

ザラザラした部分を優しくふき取っても取れない場合は無理に取らないようにしましょう。

6.まとめ

いちご鼻は、古い角質や余分な皮脂、メイク汚れなどが混ざり合ってできた角栓が、酸化して黒ずみとなり、目立ってしまう状態です。

そのため、いちご鼻でお悩みの方は古い角質や皮脂、汚れなどを正しく落とすことが大切です。

いちご鼻で悩んでいる方は多いと思いますが、これらは決してお手入れ方法がないものではありません。

時間はかかりますが、焦らずに毎日の洗顔を正しくおこない、しっかりと保湿をすることを心がけましょう。

正しいお手入れで、ブツブツのいちご鼻とサヨナラしましょう!

 

こちらの記事は2016年9月28日時点での情報となります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

おすすめの自社洗顔料

ホイップ洗顔画像

ホイップクリームのような濃厚炭酸泡が出てきます。肌になじませることで炭酸泡が汚れに吸着し、浮かせて落とすため、肌への摩擦を軽減できます。

また、炭酸は肌をやわらげてくれるので、ゴワゴワとした肌にハリ・ツヤを与えてくれることや、化粧水や美容液などを肌の角質層まで浸透しやすくしてくれることが期待できます。

こだわりの自然派美容成分やヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が贅沢に配合されているため、洗顔後もうるおいが続きます。

また、出雲の温泉水を使用するなど配合する成分にこだわり、合成香料や合成着色料などは使用していません。

摩擦をできるだけ抑えて肌に負担をかけずに不要な汚れを落とし、化粧ノリが良いスッキリした肌へと導いてくれるのでおすすめです。

商品についてもっと詳しく

SNSでもご購読できます。