毛穴対策、間違ってない?3つの原因別スキンケア方法!

毛穴 対策

毛穴の目立ちが気になると、毛穴パックをしたり、ゴシゴシと洗顔してみたり、ついつい過剰にスキンケアしたくなりますよね。

でもそのスキンケア、実は間違ってるかもしれません。

なぜなら、毛穴が目立つ原因は主に3つあり、原因によって正しいお手入れ方法も変わってくるからです。

今回は、毛穴が目立ってしまう3つの原因と、それぞれの原因に合わせたお手入れ方法をご紹介します。

1.毛穴が目立つ3つの原因

毛穴が目立つ原因は1つではなく、主に3つあります。

原因別に紹介していくので、自分がどのタイプの毛穴なのか確認してみましょう。

1-1.角栓による詰まり毛穴

角栓による詰まり毛穴

詰まり毛穴は、角栓が詰まることにより毛穴が目立ってしまうタイプです。

指で触ったときにざらざらしているのが特徴です。

角栓は古い角質と、余分な皮脂などの汚れが混ざることでできます。

角栓は、空気に触れると酸化して黒ずみとなるので、一般的に言われる黒ずみ毛穴はこのタイプである可能性が高いです。

1-2.皮脂の過剰分泌による開き毛穴

皮脂の過剰分泌による開き毛穴

開き毛穴は、みかんの皮の凹凸のように目立つタイプの毛穴です。

開き毛穴の主な原因は、皮脂の過剰分泌です。

余分に分泌された皮脂が毛穴を押し広げることで毛穴が開き、目立ってしまいます。

また、皮脂の量は遺伝に関係している場合も多く、開き毛穴は遺伝的なものといえる場合もあります。

オイリー肌の方は、このタイプの毛穴になりやすいでしょう。

1-3.コラーゲン不足によるたるみ毛穴

コラーゲン不足によるたるみ毛穴

たるみ毛穴は頬に多く、滴のように細長い形の毛穴です。

また、30代になり目立ってきた、という場合はたるみ毛穴である可能性があります。

なぜなら、コラーゲンの減少などによって、肌の弾力が失われることがたるみ毛穴の主な原因だからです。

コラーゲンは加齢で減少するほか、紫外線を浴びることなどでも減少します。

2.毛穴の3タイプ別対策方法

毛穴の対策は、毛穴の種類に合わせておこないましょう。

3つの毛穴タイプに合わせた毛穴対策をご紹介します。

2-1.詰まり毛穴の対策

詰まり毛穴の対策には、古い角質を落としていくためのスキンケアと、角栓を落としやすくするスペシャルケアが重要です。

詰まり毛穴の原因となる角栓は、その約70%が古い角質でできています。

古い角質をしっかり洗い落とすための日ごろのスキンケアと、気になる角栓を取りやすくするスペシャルケアの2通りに分けて紹介します。

【日ごろのスキンケア】

まずは、日ごろのスキンケアで気を付けてほしいポイントを紹介します。

<クレンジング・洗顔>

毛穴詰まりが気になる方に、クレンジング・洗顔をするときに気を付けてほしいポイントは、2つあります。

〔ポイント① 2分以内に終わらせる〕

2分以内にすませる

クレンジング・洗顔は2分以内に終わらせましょう。

長時間クレンジングや洗顔料を肌に乗せていると、肌にとって必要な皮脂まで洗い落としてしまうことがあります。

必要以上に皮脂を落としてしまうことで、皮膚は乾燥を防ぐために皮脂を余分に分泌する可能性があります。

余分な皮脂は古い角質とともに角栓の原因となるので、クレンジング・洗顔は長い時間をかけず、2分以内に済ませましょう。

〔ポイント② 肌を強くこすらない〕

肌をこすらない

クレンジング・洗顔の時には、肌をゴシゴシと強くこすらないことを心がけましょう。

肌に摩擦を加えてしまうと、乾燥しやすくなってしまいます。

肌は乾燥すると、古い角質がたまりやすくなり、余分な皮脂と混ざって、角栓ができやすくなります。

クレンジング・洗顔のときはできるだけこすらないようにして、摩擦を抑えましょう。

 

クレンジング・洗顔の摩擦を軽減するのには、肌ナチュール 炭酸クレンジングがおすすめです。

炭酸は、詰まり毛穴の原因となる古い角質や角栓などのたんぱく質汚れに吸着するといわれています。

肌ナチュールはそのような炭酸の性質を活かして、メイクと同時に汚れを洗い落とすクレンジングです。

とろける炭酸泡をぎゅーっとハンドプレスして肌になじませると、ゴシゴシと強くこすらずに、汚れを浮かせて洗い落とすことができます。

さらに、これ一本でクレンジングと洗顔両方の機能を兼ねているので、洗顔による肌への摩擦や負担も軽減できます。

毛穴の詰まりにお悩みの方に使ってほしいアイテムです。

炭酸クレンジング 画像

>>肌ナチュール 炭酸クレンジング
公式HPはこちら
このサイト特別価格にて販売実施中

<保湿>

詰まり毛穴が気になる方に、保湿をするとき、気を付けてほしい2つのポイントをご紹介します。

〔ポイント① 洗顔後はすぐに保湿する〕

洗顔後はすぐに保湿する

洗顔後は、3分以内に保湿をすることを心がけましょう。

洗顔後は肌が乾燥しやすくなります。

肌が乾燥すると、乾燥を防ごうとして余分な皮脂が分泌され、古い角質と混ざって角栓ができやすくなってしまいます。

また、お風呂で洗顔まで済ませたい、という方は、お風呂から上がる直前に洗顔したり、ミストタイプの化粧水を持ち込んだりなどして、工夫するのがおすすめです。

〔ポイント② 化粧水などは肌を包みこむようにつける〕

化粧水などは肌を包み込むようにつける

化粧水や美容液をつけるときは、パチパチと強くパッティングせずに、手のひらで優しく包みこむようにつけましょう。

強い力でパッティングすると肌への刺激になり、乾燥など肌悩みの原因になる可能性があります。

手に取った化粧水や美容液をじっくりと浸透させるように、手のひらで包みこむイメージで保湿するのがおすすめです。

【角栓対策のスペシャルケア】

ここからは、角栓を取りやすくするためのスペシャルケアを2つ紹介します。

<クレイ洗顔>

クレイ洗顔

クレイ洗顔は、天然のクレイ(泥)を使って洗顔する洗顔方法です。

天然のクレイはイオンの働きで汚れに吸着するといわれており、毛穴の汚れを洗い落としやすくします。

しかし、クレイは汚れを落とす力が強いため、あまり頻繁に使用すると肌に負担をかけてしまうこともあります。

商品の説明書などをよく読んだうえ、週に1~2回のスペシャルケアとして取り入れるのがおすすめです。

また、実際に使う前に、少量のパックを二の腕の内側につけるパッチテストをおこなって、肌に合うかどうかチェックしましょう。

クレイ洗顔について、より魅力が知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

≫クレイ洗顔が毛穴ケアにおすすめ!効果的な使い方や手作り方法

<ピーリング洗顔>
ピーリング洗顔

ピーリング洗顔は、専用のピーリング洗顔料を使って肌をやわらげ、肌表面に溜まった古い角質などを落としやすくする洗顔方法です。

ピーリング洗顔も、過度にやりすぎると肌に負担をかけてしまうので、週1回程度のスペシャルケアとして取り入れましょう。

ピーリング洗顔についてもっと知りたい!という方はこちらの記事も参考にしてみてください。

≫自宅でピーリング洗顔!毛穴汚れやくすみをやわらげ憧れのツヤ肌へ

2-2.開き毛穴の対策

開き毛穴は、過剰な皮脂が主な原因です。

できるだけ皮脂を抑えられるよう、スキンケアや生活習慣を改善していきましょう。

【開き毛穴のスキンケアポイント】

開き毛穴のスキンケア

開き毛穴をなんとかしたい方は、日ごろのスキンケアの中でも、特に洗顔に気を付けましょう。

開き毛穴は、余分な皮脂が毛穴に溜まって押し広げることで目立ってしまいます。

そのため、溜まった皮脂を正しい洗顔でしっかりと洗い落とすことが大切です。

正しい洗顔のポイントは「2-1.詰まり毛穴の対策」で紹介しているので、そちらを参考にしてみてください。

【食事で開き毛穴対策】

食事で開き毛穴対策

毛穴から過剰な皮脂の分泌を抑えるためには、食事に気を付けることも大切です。

皮脂を増やしてしまう食事のとりすぎが、開き毛穴の原因である場合もあります。

摂りすぎると皮脂の分泌が増える食べ物は以下のようなものです。

脂っこい食べ物
お菓子
炭水化物

〔脂っこい食べ物〕
脂っこい食べ物とはつまり、動物性たんぱく質です。

動物性たんぱく質を過剰に摂取すると皮脂腺が発達し、皮脂の分泌量が増える可能性があります。

〔お菓子〕
 お菓子の中でも、アメやせんべいなどの糖分が高いものは、食べ過ぎると皮脂の分泌量を増やしてしまうことがあります。

エネルギーとして消費されなかった糖分の一部は、皮脂として体外に排出されるといわれています。

〔炭水化物〕
 炭水化物も食べ過ぎると皮脂量を増加させるといわれています。

炭水化物は消化されるときにブドウ糖となります。

ブドウ糖も糖分なので、過剰に摂取すると皮脂量を増やす栄養素です。

 

一方で、皮脂量を抑えるために取りたい栄養素もあります。

それはビタミンB2です。

ビタミンB2は、皮脂をコントロールする働きを持っているので、積極的に摂るようにするとよいでしょう。

ビタミンB2は、レバーや海苔などに多く含まれる栄養素です。

おおよそのビタミンB2の栄養量は以下のようになります。

豚レバー3.60mg
牛レバー 3.00mg
焼き海苔2.33mg
味付け海苔2.31mg
鶏レバー1.80mg

※数値は食品100gあたりのビタミンB2含有量

2-3.たるみ毛穴の対策

たるみ毛穴は、食事やスキンケアアイテムで失われたコラーゲンを補いつつ、表情筋トレーニングなどで対策しましょう。

【食事でたるみ毛穴対策】

食事で開たるみ毛穴対策

コラーゲンは、食事によって増やすことができるとされています。

食事でコラーゲンを摂っても、分解されてしまうので意味がないという意見もあるようです。

しかし、コラーゲンには「ヒドロキシプロリン」という成分が含まれています。

「ヒドロキシプロリン」は、コラーゲンを作る線維芽細胞を増やす働きを持つといわれている成分です。

そのため、コラーゲンを栄養として摂ることで、たるみ毛穴の対策が期待できます。

コラーゲンは、次のような食材に多く含まれています。

牛すじ 4980mg
鶏軟骨 4000mg
鮭(皮含む) 2410mg
鶏砂肝 2320mg
鶏手羽 1990mg
ブリ 1620mg
イカ 1380mg

※数値は食品100gあたりのコラーゲン含有量

また、1日に必要なコラーゲンの摂取量は、およそ5000mg程度だといわれています。

【表情筋トレーニングでたるみ毛穴対策】

表情筋トレーニングでたるみ毛穴対策

たるみ毛穴は肌のたるみによって目立ちやすくなります。

表情筋トレーニングをすることで、凝り固まった表情筋をほぐし、たるみにくい肌を目指しましょう。

ここでは、短時間で簡単にできる、表情筋トレーニングをご紹介します。

「あ」・「い」・「う」・「え」・「お」と発音しながら、大げさに口を動かすトレーニングです。

詳しく説明していきます。

「あ」
口を思い切り開けます。

このとき、目も一緒にぱっちりと開きましょう。

「い」
口を横にいーっと引っ張ります。

頬の高い位置の筋肉まで使っていることを意識しましょう。

「う」
口をしっかりと突き出します。

口のまわり、下あごの筋肉を使います。

「え」
頬の筋肉で口角を高く上げて、笑うような顔を意識します。

口の上側の筋肉を使います。

「お」
口まわり、特に横の筋肉を使うことを意識して発音します。

これを1日2セット行いましょう。

表情筋が少し疲れるくらいまで、力を入れてやるのがおすすめです。

3.毛穴の目立ちをメイクでカバー!

「ポツポツとした毛穴、今すぐになんとかしたい」という方も多いと思います。

しかし、多くの場合、毛穴のお手入れには時間がかかってしまうものです。

そこで、メイクで毛穴の目立ちをカバーするポイントをご紹介します!

ポイント1.ファンデーションは薄く塗る

ファンデーションはうすく塗る

ファンデーションは薄く、肌になじませるように塗りましょう。

毛穴が気になるときは、隠そうとしてついつい厚く塗りがちです。

しかし、ファンデーションを厚塗りするとその部分だけ余計に目立ってしまったり、化粧崩れの原因になったりします。

パウダータイプのファンデーションなどを使って、厚く塗りすぎないよう注意しましょう。

ポイント2.シリコン配合の化粧下地を使う

シリコン配合の化粧下地

毛穴目立ちが気になるときには、シリコン配合の化粧下地を使って毛穴をカバーするのがおすすめです。

シリコンが毛穴に入り込むことで、凹凸をなくし、肌質をフラットに見せてくれます。

シリコン配合の化粧下地を使う場合は、クレンジングはしっかりおこないましょう。

クレンジングが不十分だと、毛穴に入り込んだシリコンが詰まってしまう可能性があります。

丁寧にクレンジングをしましょう。

4.毛穴って何?

毛穴って何?

ここまで、毛穴が目立つときの対策方法をご紹介してきました。

しかしそもそも、毛穴とはどういうものなのでしょうか。

毛穴は文字通り毛が生えている肌表面の穴のことですが、実は毛穴の中に「皮脂腺」という皮脂を分泌する場所があります。

本来、皮脂の役割は肌からの水分の蒸発を防ぐことです。

しかし、この皮脂が過剰に増えると角栓が詰まったりして、毛穴が目立つようになってしまいます。

また、顔は身体よりも皮脂腺が発達している部分です。

そのため、顔の毛穴はほかの部位に比べて目立ちやすくなってしまいます。

5.まとめ

毛穴が目立つ3つの原因とお手入れ方法は、参考になりましたか?

毛穴の原因はひとつではなく、原因に合わせて対策も変えていく必要があります。

正しくお手入れして、毛穴が目立ちにくいなめらかな肌を目指しましょう。

 

 

この記事は2016年10月18日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

おすすめ自社クレンジング

炭酸クレンジング 画像
miarii特別価格にて販売実施中

炭酸泡タイプという珍しいタイプのクレンジングで、洗顔とクレンジングの機能を兼ね備えています

肌に乗せると、泡から美容液状に変化し、ギュッギュッと優しくハンドプレスをして汚れとなじませます。

美容液状になることで毛穴の中に入り込み、肌に負担をかけずに汚れを吸着してしっかりと落とします。

保湿成分であるセラミドや吸着型ヒアルロン酸やナノコラーゲン、プラセンタなどを始めとした美容成分がたっぷり配合されており、クレンジング後もしっとりとした洗い上がりです。

また、炭酸が肌をやわらげ、蓄積した古い角質などを落としやすくするので、くすみなどをやわらげ、明るい印象の肌へと導いてくれます。

クレンジングだけではなく、炭酸パックや洗顔料、角質ケア、マッサージケア、トリートメントなど1本で6つの機能を持っているため、おすすめのクレンジングです。

商品をもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*