乾燥には保湿美容液!美容液で保湿ケアをして潤いに満ちたツヤ肌へ

保湿 美容液

思わず触りたくなるような潤い肌になれる保湿美容液をお探しではないですか?

女性なら誰しもがしっとりとしたお肌に導いてくれる保湿美容液を見つけたいと思いますよね。

そこで今回は、保湿美容液を選ぶポイントとおすすめの保湿美容液をご紹介します。

至近距離でも自信が持てるようなしっとりした潤い肌を目指す参考にしてみてください。

1.保湿美容液を選ぶポイント

保湿美容液を選ぶポイント

保湿美容液を選ぶポイントは保湿成分であるセラミドが配合されているかどうかです。

セラミドは肌の約80%もの水分を維持する保湿因子のひとつで、水分を保持する力が高く、保湿には欠かせない存在となっています。

セラミド

そのため保湿をしたい場合には、セラミドを美容液で補ってあげることが重要です。

セラミドにはいくつか種類があるのですが、なかでもおすすめなのはヒト型セラミドが配合されている美容液です。

なぜならヒト型セラミドは、もともと肌にあるセラミドとほぼ同じ構造で、肌刺激になりにくく、保湿力がとても高いと言われているからです。

ヒト型セラミドは、セラミドの後に1~6Ⅱの数字又はアルファベットがついていますが、その中でも1、2、3(EOP/NS/NP)のどれかが配合されているものと高い保湿力を期待できるでしょう。

また、さらにしっとりした肌を目指したい方には、セラミドと共にセラミドの働きをサポートする保湿成分が配合されているものをおすすめします。

潤いを閉じ込めることでセラミドの働きをサポートする代表的な保湿成分は、グリセリン、グリコシルトレハロース、エチルヘキサン酸セチルなどです。

2.おすすめの保湿美容液

■肌ナチュール プレミアムモイストエッセンス

肌ナチュール 炭酸美容液

>>肌ナチュール炭酸美容液
公式商品サイトはこちら

肌ナチュールは保湿力が期待できる炭酸泡タイプの保湿美容液です。

保湿成分であるヒト型セラミド(セラミド1、 セラミド3、セラミド6Ⅱ)がたっぷりと配合されています。

さらに潤いを閉じ込めるグリセリンはもちろん、そのほかにもヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分も贅沢に配合されています。

肌ナチュールは炭酸泡がモコモコと出てくる珍しいタイプの保湿美容液で、肌になじませてハンドプレスをすると美容液状に変化します。

smp_h_cle_v7_23_105

炭酸には肌をやわらげる作用があるといわれており、乾燥によってゴワゴワと固くなった肌をやわらげ、美容成分をしっかりと角質層へ届けてくれることが期待できます。

美容液がきちんと角質層まで浸透すると手にお肌が吸い付き、もっちりとした感触になります。

肌本来の力を引き出すように内側からしっとりとした潤いのある肌へと導いてくれるため、保湿力を求める方へぜひおすすめしたい美容液です。

>>肌ナチュール炭酸美容液
公式商品サイトはこちら

3.保湿には美容液がおすすめ

美容液

そもそも保湿をする際に美容液がなぜおすすめなのでしょうか。

保湿をしようと思ったときに多くの方は、化粧水などをたっぷりと使用するかもしれません。

しかし実は保湿には、化粧水よりも美容液のほうが適しています。

なぜなら、美容液には保湿成分や美容成分をたくさん配合しやすく、より高い保湿力が期待できるからです。

また、美容液には、化粧水によって補給された水分をキープするという重要な役割があります。

化粧水の一番の役割は水分補給をして、肌を整えることであり、保湿に関して特化してはいません。

化粧水はもちろん大切なスキンケアのひとつですが、水に溶ける保湿成分は限られています。

そのため、保湿には保湿成分や美容成分をたくさん配合できる美容液がおすすめなのです。

乾燥はさまざまな肌悩みの原因となることもあり、年齢肌の敵でもあるので、美容液を使って保湿をすることは、スキンケアの中でもとても大切です。

4.保湿美容液の正しい使い方

保湿美容液の 正しい使い方
保湿美容液は正しい使い方をすることで、よりもっちりとしたお肌に近づけてくれます。

そこで、保湿美容液の正しい使い方について紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

<保湿美容液の正しい使い方>

①美容液を適量、指先にとる
②美容液を指先で肌にやさしくなじませる
③全体になじませた後にハンドプレスをする
④乳液やクリームで潤いを閉じ込める

①美容液を適量、指先にとる

指先
指の腹を使って肌になじませていくので、手のひらではなく、指先に美容液を適量とります。

量が少ないと肌になじませる際に摩擦が起きて刺激となる可能性もあるので、適量使うことが大切です。

②美容液を指先で肌にやさしくなじませる

スキンケア女性 イラスト(美容液塗り方)
指の腹を使って顔全体に美容液を広げ、やさしく肌になじませます。

中指と薬指の腹を使ってやさしくすべらせる様に、ほお・額・鼻・口・目元の順に顔の内側から外側に向かってなじませます。

その際、肌をゴシゴシと強くこすったり、パチパチと叩き込むようにするのは、刺激となるため、控えましょう。

③全体になじませた後にハンドプレスをする

ハンドプレス
全体に美容液をなじませた後に手のひらを使ってハンドプレスをします。

しっかりとお肌へ押し込むようにハンドプレスをすることで角質層まで浸透し、美容液の魅力をきちんと引き出すことができます。

④乳液やクリームでうるおいを閉じ込める

乳液、クリーム イラスト
美容液を塗った後は、乳液やクリームなどでうるおいを閉じ込めましょう。

うるおいを閉じ込めることで、さらに美容液の保湿力を引き出し、実感できます。

このように美容液を正しく使うことで、しっとりとしたうるおい肌へ近づけます。

5.まとめ

今回は保湿美容液を選ぶポイントとおすすめの保湿美容液を紹介しました。

貴女に合った美容液を選び、保湿ケアをおこなうことでその魅力を実感してみてください。

保湿美容液を効果的に使って、思わず触りたくなるようなしっとりと潤いのある美肌を目指しましょう。

 

この記事は2016年02月03日時点での情報となります。 また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください

おすすめの自社炭酸美容液

美容液バナー画像

肌ナチュール炭酸美容液で触れるとつい嬉しくなっちゃうもちツヤ肌に!

肌ナチュールは炭酸泡で出てくる珍しいテクスチャーの美容液です。

「ヒト型セラミド」であるセラミド1、3、6Ⅱがしっかりと配合されているだけではなく、そのほかにもヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分も贅沢に配合されています。

また、炭酸には肌をやわらげ、美容成分を角質層までしっかりと浸透させてくれる作用があります。

たっぷりと含まれる美容成分を角質層まで届け、みずみずしくもっちりしたハリ肌へと導いてくれる炭酸コスメです。

商品についてもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*