保湿が大事!スキンケアで乾燥知らずのツヤ肌を目指す!

保湿 美容液

肌が乾燥していると、化粧ノリが悪くなるだけでなく、さまざまな肌悩みの主な原因となります。

乾燥知らずのツヤ肌を目指すためには、肌が乾燥する原因などをしっかりと理解したうえで、スキンケア方法や保湿化粧品などを見直すことが大切です。

今回はそんな保湿の正しいポイントやおすすめ保湿アイテムなどをご紹介します!

1.そもそも保湿とは

保湿とは

保湿とは肌に水分や油分を与えて補い、乾燥を防いでうるおいを保つことです。

すこやかな肌の角質層には、約20~30%の水分が含まれていると言われています。

この水分が20%以下になると「乾燥肌」と呼ばれます。

肌がつっぱるのを感じたり、カサカサしていると感じたときには、角質層の水分量は10%以下になっていることもあるのです。

また、乾燥はニキビや毛穴の黒ずみなどさまざまな肌悩みの主な原因となります。

このような状態を避けるために、角質層の水分を維持するスキンケアが保湿です。

もともと私たちの肌には水分を維持するための機能が備われています。

しかし、加齢や外的要因などにより、水分量が減るので、化粧品を使って水分や油分を補うことが保湿の目的なのです。

2.正しい保湿のポイント

保湿をする際のポイントを知り、潤いに満ちたハリ肌を目指しましょう。

2-1.スキンケアのそれぞれの役割

スキンケアのそれぞれの役割

スキンケアそれぞれの役割をきちんと把握していますか?
効率的に保湿をするためには、スキンケアそれぞれの役割をきちんと知ることが大切です。

スキンケアの役割をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

<クレンジング>

クレンジング

クレンジングは油分が含まれた「メイクを落とす」役割を担います。

メイクには油分が含まれており、水や洗顔料だけではなかなか落ちません。

そこで、メイクを浮き上がらせ、水と油分をなじませる界面活性剤という成分を配合したクレンジングが必要なのです。

クレンジングはその日のメイク汚れを落とすという大切な役割を担うので、丁寧におこないたいステップのひとつです。

<洗顔料>

洗顔料

洗顔料の役割は汗や余分な皮脂、古い角質、ホコリなど日中肌に付着した「水溶性の汚れを洗い落とすこと」です。

これらの汚れは放置していると、肌悩みにつながる恐れがあり、水だけではなかなか落とせないと言われています。

「クレンジングでは落ちないの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、あくまでクレンジングは油溶性の汚れ、洗顔料は水溶性の汚れを落とすということに特化したアイテムです。

そのため、メイクをした日には、基本的にクレンジングと洗顔のどちらも必要になります。

<化粧水>

化粧水

化粧水の役割は「肌に水分を与え、整えること」です。

化粧水は、美容液や乳液などその後のスキンケアを角質層まできちんと浸透しやすくするために大切なアイテムです。

<美容液>

美容液

美容液の役割は「肌に有用成分を与えること」です。

美容液には保湿成分などの有用成分を凝縮しやすいと言われており、どんな目的で使いたいのかを明確にして取り入れるのがおすすめです。

たとえば乾燥が気になり、保湿をしたいという場合には、保湿成分が含まれている美容液を選んで使うと、効率的に保湿をすることができるでしょう。

<乳液・クリーム>

乳液・クリーム

乳液・クリームの役割は「肌に油分を補い、なめらかに保つ」ということです。

皮脂の分泌は加齢と共に減少していき、40代からは油分を補うことも必要になると言われています。

化粧水や美容液で水分を与えたあとに、乳液やクリームを使って油分を補うことで、乾燥を防ぎ、肌をやわらかくなめらかに保ちます。

乳液とクリームは両方使う必要があるというわけではなく、それぞれの油分と水分のバランスに違いがあります。

水分が比較的多いのが乳液で、より油分が多くこっくりとしたテクスチャーなのがクリームです。

目元や口元など部分的に乾燥が特に気になる部分に使う場合には、より油分が多いクリームをおすすめします。

2-2.スキンケアの正しい順番

保湿をするうえで、スキンケアアイテムを使う順番を守ることは大切です。

順番を間違えていると、それぞれのアイテムの魅力がきちんと発揮されない場合があります。

意外と間違えて使っている方も多いので、この機会に改めて確認してみましょう。

スキンケアの順番

<スキンケアの正しい順番>
①クレンジング・・・メイクなどの油溶性の汚れを落とす

②洗顔・・・ホコリなどの水溶性の汚れを落とす

③化粧水・・・水分を与え、肌を整える

④美容液・・・肌に保湿成分などの有用成分を補給する

⑤乳液/クリーム・・・油分を補い、肌をやわらかくなめらかにする

一般的にスキンケアは、このような順番でおこなうのが正しいです。

しかし、商品によっては順番が異なる場合もあるので、説明書などをきちんと確認することをおすすめします。

3.保湿アイテムを選ぶポイント

ここでは保湿アイテムを選ぶ際のポイントについてご紹介します。
ぜひ自分に合った保湿アイテムを手に入れるための参考にしてみてください。

3-1.美容液を取り入れる

美容液を取り入れる

保湿をする際には美容液を重視するのがおすすめです。

なぜかというと、前述でも紹介していますが、美容液には保湿成分などの有用成分が凝縮して配合しやすいと言われています。

さらに保湿成分のなかでも特に取り入れたい「セラミド」という成分があります。

セラミドは、油溶性で油分を含んだ美容液に配合しやすいと言われており、効率的に保湿をしたい場合におすすめです。

3-2.成分を確認する

保湿アイテムを選ぶ際には、保湿成分が配合されているか確認することが大切です。

とくにセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどはもともと私たちの肌に存在する保湿成分であるので肌なじみが良く、潤いを実感しやすいと言われています。

化粧品を選ぶ際に迷ったときには、下記の代表的な保湿成分を参考にしながら、成分表記を確認するのがおすすめです。

 《代表的な保湿成分》
・セラミド
(表示例:セラミド+数字、又はセラミド+アルファベット)
・コラーゲン(表示例:加水分解コラーゲン・水溶性コラーゲン)
・ヒアルロン酸(表示例:加水分解ヒアルロン酸・ヒアルロン酸Na)
・エラスチン(表示例:加水分解エラスチン)
・グリセリン
・プロテオグリカン(表示例:水溶性プロテオグリカン)
・アミノ酸(表示例:アルギニン・グリシン・グルタミン酸・リシン)

3-3.成分表記の順番を確認する

成分表記を確認する

化粧品は配合量の多い成分から順に表記され、1%以下の成分は順不同で表記するというルールがあります。

そのため、成分の配合量の目安となるので、セラミドなどの保湿成分がどの順番で表記されているのかを確認することをおすすめします。

<miarii編集部 おすすめ保湿アイテム>

miarii編集部おすすめの保湿アイテム・炭酸コスメをご紹介します。

■肌ナチュール炭酸美容液

>>肌ナチュール炭酸美容液
公式HPはこちら
定期購入初回価格1980円で販売中

肌ナチュール炭酸美容液は、高濃度の炭酸が配合された保湿美容液で、シュワシュワの炭酸泡が出てきます。

炭酸泡を手のひらにとり、指の腹で優しく全体になじませてから両手で包み込むようにハンドプレスをするのがポイントです。

美容液が角質層までしっかりと浸透するまでハンドプレスを繰り返すと、肌が手に吸い付いてきます。

セラミド1、3、6Ⅱを始めとしたヒアルロン酸、プロテオグリカンなどの保湿成分がたっぷりと配合されており、触り心地の良いモチモチ潤い肌を実感することができます。

さらに炭酸によって肌をやわらげ、なめらかな肌へ導いてくれるので、ずっと触っていたくなるような潤いに満ちた肌を実感し、毎日のスキンケアが楽しくなります。

これ1本に角質層導入美容液と化粧水、保湿美容液という3つの魅力が詰まっているので、肌に潤いやハリツヤを与えたいという方にぜひ一度お試しいただきたい保湿美容液です。

>>肌ナチュール炭酸美容液
公式HPはこちら
定期購入初回価格1980円で販売中

4.乾燥を防ぐスキンケアポイント

乾燥が気になるときのスキンケアポイントをご紹介します。

4-1.ハンドプレスでなじませる

ハンドプレスでなじませる

スキンケアアイテムを使って保湿をするときには、指の腹を使ってやさしく肌になじませ、手のひら全体を使ってしっかりとハンドプレスするようにしましょう。

両手で顔を包み込むようにハンドプレスをすることで、美容液などがしっかりと角質層まで浸透し、潤いを実感することができます。

肌をパチパチと叩くようになじませたり、ゴシゴシと強くこするようにつけると、赤ら顔や乾燥などにつながる可能性もあるので、気をつけましょう。

4-2.こすらない

クレンジングや洗顔の際に、汚れを落とそうとして肌をゴシゴシと強くこすると肌に負担がかかってしまいます。

角質層の厚さは0.02mmほどの薄さしかなくデリケートです。

肌への摩擦が生じると、乾燥などの肌荒れの原因となる場合もあります。

肌に触れる際にはゴシゴシとこするのではなく、やさしく触れるように意識しましょう。

4-3.使用量を守る

使用量を守る

スキンケアアイテムは、使用量を守らないとなかなか潤いを実感することができません。

それだけでなく、使用量が少ないと肌になじませる際に摩擦が生じやすくなり、肌に負担をかける可能性があります。

スキンケアアイテムの魅力をきちんと実感するためにも、説明書などに記載されている使用量を必ず確認してから使いましょう。

5.保湿重視のメイクポイント

保湿重視のメイクポイント

乾燥が気になるときのメイクのポイントです。
ぜひ参考にして、メイクを楽しんでみてください。

5-1.メイク前は保湿をしっかりとする

メイク前はしっかりと保湿

メイクをする前には、スキンケアアイテムを使ってしっかりと保湿をしましょう。

ファンデーションが崩れやすくなるからという理由で、朝のスキンケアでは化粧水のみで済ませ、美容液や乳液などをあまりつけない方も多いようです。

しかし、メイク前にしっかりと保湿をすることで日中の乾燥を防ぐことができます。

メイク崩れに関しては、美容液や乳液などをきちんとハンドプレスをして肌になじませて10分ほど時間を置き、その後にファンデーションを塗れば問題はありません。

むしろ、乾燥によるメイク崩れを防ぐことができるので、メイク前の保湿はしっかりとおこないましょう。

5-2.乾燥したときには美容液で保湿

乾燥したときは美容液で保湿

エアコンや紫外線などによって肌の乾燥が気になったときには、美容液を使って保湿するのがおすすめです。

セラミドなどの保湿成分配合の美容液を手のひらに適量とり、乾燥が気になる部分を軽く押さえるようにつけてみてください。

肌をこするように美容液をつけると、メイクが崩れる原因となるので気をつけましょう。

お気に入りの美容液を1つ持ち歩いておくと、日中の急な乾燥にも保湿してカバーすることができるのでおすすめです。

6.まとめ

保湿は肌をすこやかに保つために重要なスキンケアです。

潤いに満ちたすこやかな肌を目指すためにも、保湿やスキンケアアイテムの役割についてきちんと理解し、スキンケア方法やアイテムを見直すことが大切です。

乾燥や肌悩みに負けないメイクが映える潤い美肌を手に入れましょう!

おすすめの自社炭酸美容液

美容液バナー画像

肌ナチュール炭酸美容液で触れるとつい嬉しくなっちゃうもちツヤ肌に!

肌ナチュールは炭酸泡で出てくる珍しいテクスチャーの美容液です。

「ヒト型セラミド」であるセラミド1、3、6Ⅱがしっかりと配合されているだけではなく、そのほかにもヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分も贅沢に配合されています。

また、炭酸には肌をやわらげ、美容成分を角質層までしっかりと浸透させてくれる作用があります。

たっぷりと含まれる美容成分を角質層まで届け、みずみずしくもっちりしたハリ肌へと導いてくれる炭酸コスメです。

商品についてもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*