ホットクレンジングを味方に!温感で得られる3つの魅力と使い方

ホットクレンジング

ホットクレンジングってどんなメリットがあるのか気になってはいませんか?

ホットクレンジングは、乾燥やくすみ、毛穴の黒ずみなどにお悩みの方にぜひおすすめしたい人気アイテムで、名前の通り、じんわりと温かさを感じるクレンジング料です。

ホットクレンジングを使って肌をじんわりと温めることにより、得られる3つのメリットがあります。

今回はホットクレンジングを使うことによって得られる3つのメリットや使い方、おすすめのホットクレンジングについてご紹介します。

1.ホットクレンジングとは?

ホットクレンジング

ホットクレンジングとは、メイクを落とすクレンジング料に温感が加わったものです。

温感作用によって肌をやわらげることで、メイクや毛穴の汚れなどを洗い落としやすくするという特徴があります。

ホットクレンジングといってもいろいろなタイプがあり、一般的に多く見られるのはジェルタイプのものです。

2.ホットクレンジングはこんな方におすすめ

ホットクレンジング

ホットクレンジングは、基本的にはどんな肌質の方でも使っていただける人気の高いスキンケアアイテムですが、とくにおすすめしたい方はこのような方です。

<ホットクレンジングはこんな方におすすめ>
◎毛穴の汚れが気になる方
◎毛穴の黒ずみにお悩みの方
◎乾燥肌の方
◎古い角質や乾燥によるくすみが気になる方
◎肌のゴワつきやザラつきが気になる方

ホットクレンジングは、肌を温めてやわらげながらメイクや毛穴汚れなどを洗い落とすことができるので、上記のような方にぜひおすすめしたいです。

3.ホットクレンジングの3つのメリット

ホットクレンジングで肌を温めながらメイクを落とすことによって得られるメリットは主に3つ考えられます。

3-1.メイクや毛穴の汚れなどが落としやすくなる

ホットクレンジング

ホットクレンジングの温感作用によって肌をやわらげると、メイク汚れや毛穴に詰まった角栓などの汚れが洗い落としやすくなります。

肌は乾燥や古い角質などによって柔軟性が失われると、毛穴に汚れが溜まりやすくなったり、顔色がくすんで疲れているように見えてしまったりしがちです。

そのため、ホットクレンジングの温感作用によって肌がやわらかくなると、毛穴の詰まりや黒ずみ、古い角質や乾燥によるくすみをやわらげることが期待できます。

3-2.肌にとって必要な潤いは残す

美容液 使い方

クレンジングは、メイクを落とすために必要不可欠です。

しかし、肌が乾燥していたり、敏感な状態なときにクレンジングをおこなうと、メイクなどの汚れとともに肌にとって必要な潤いも一緒に洗い流してしまう場合があります。

ホットクレンジングは、温感作用によってメイクなどの汚れを浮かせて洗い落とします。

そのため、肌にとって必要なうるおいを守りながら不要な汚れを洗い落とすことが期待できるでしょう。

3-3.美容成分が角質層まで浸透しやすくなる

フェイスライン すっきり

肌が古い角質や乾燥などによってゴワゴワと硬くなっている状態であると、化粧水や美容液などの美容成分が角質層まで浸透しづらくなってしまいます。

ホットクレンジングは、温感作用によって肌をやわらかくしてくれるので、その後に使う基礎化粧品に含まれる美容成分が角質層のすみずみまで浸透しやすくなるのです。

そのため、お手持ちの化粧水や美容液などの魅力をより実感しやすくなるでしょう。

4.おすすめのホットクレンジング

ぜひお試しいただきたいホットクレンジングをご紹介するので、ホットクレンジングが気になる方はぜひチェックしてみてください。

■肌ナチュール 炭酸ホットクレンジング

>>肌ナチュール 炭酸ホットクレンジング
公式HPはこちら

このサイト特別価格で販売実施中

肌ナチュール炭酸ホットクレンジングは、「温感作用」と「炭酸」という2つの特徴を活かしたクレンジングです。

温感作用によってじんわりと肌を温めてやわらかくし、高濃度の炭酸が毛穴の詰まりや黒ずみの原因となる角栓や古い角質に吸着し、肌の汚れをスムーズに洗い落としやすくしてくれます。

肌が古い角質などによってゴワゴワと硬くなるとハリがなく、疲れて見えたり、老けて見えてしまいがちです。

古い角質を洗い流す

肌ナチュール炭酸ホットクレンジングは、温感作用と炭酸の2つの特徴によって、気になる古い角質や乾燥によるゴワつきやくすみ、毛穴の汚れ、黒ずみなどを和らげてくれます

そのため、潤いのあるなめらかなハリツヤ肌へと整えてくれることを期待できるのです。

さらに、吸着型ヒアルロン酸やセラミド、ナノコラーゲン、プラセンタなどの保湿成分も配合。

これらの美容保湿成分を、温感作用で肌をじんわりと温めてやわらげることで、角質層のすみずみまで届けて潤いに満ちた触りたくなるような理想の肌に導いてくれます。

smp_h_cle_v7_23_105

しかも、肌ナチュールの炭酸ホットクレンジングは、マツエクをつけている方も使えるのでとっても便利です。

また、ダブル洗顔不要(※)で洗顔による摩擦を軽減しながら、簡単に使えるクレンジングなので忙しいときや疲れたときなどにも手元に1本あると助かります。

泡で出てくるタイプのクレンジングで、肌になじませると美容液状にとろけ、まるで美容液で贅沢にメイクを落としているような感覚がクセなります。

思わず化粧水を忘れてしまいそうになるほどしっとりとした仕上がりで、乾燥やくすみ、毛穴の黒ずみが気になる方におすすめのホットクレンジングです。

※自社従来品:ジェルクレンジングとの比較

>>肌ナチュール 炭酸ホットクレンジング
公式HPはこちら

 このサイト特別価格で販売実施中

5.ホットクレンジングを使うポイント

ホットクレンジング

ここまでホットクレンジングの魅力についてお話しましたが、使い方を間違ってしまうと、どんな美容アイテムもなかなか実感することができません。

ホットクレンジングを正しく使うためのポイントは2つあるので、ポイントを押さえながら正しく使いましょう。

5-1.使用量を守る

ホットクレンジング

ホットクレンジング以外のスキンケアアイテムを使うときも同じですが、使用量はきちんと守って使いましょう。

ホットクレンジングの使用量を守らず、少ない量を使っていると、ゴシゴシと強くこするように洗うことで摩擦が起きやすくなり、肌に負担をかけてしまう可能性があります。

また、ホットクレンジングの「メイクや汚れをしっかりと落とす」という本来の目的を十分に果たせないかもしれません。

ホットクレンジングを使う場合には、パッケージや説明書を確認し、記載されている使用量を必ず守るように意識してみてください。

5-2.肌に合わないときは使用を控える

肌に合わないときは使用を控える

ホットクレンジングを使って肌がピリピリとしたり、違和感などがあった場合には、使用を控えるようにすることをおすすめします。

乾燥により皮剥けするような肌荒れをしている場合や赤く炎症していたり、痛みを伴うようなニキビなどがある場合にホットクレンジングを使用すると、赤みやかゆみなどを感じてしまうかもしれません。

肌が敏感な状態になっているときには、普段と違うお手入れ方法などを取り入れるのは控え、シンプルなお手入れをするのがおすすめです。

6.まとめ

いかがだったでしょうか。

ホットクレンジングはじんわりと肌を温めることで、汚れを洗い落としやすくします。

それだけでなく、クレンジング後の化粧水や美容液などの基礎化粧品に含まれる美容成分が角層までしっかりと浸透させ、潤いなどを実感しやすい肌へ整えてくれます。

このようにホットクレンジングは、すぐに試してみたくなるような魅力がたくさん詰まっている人気アイテムなので、ぜひ普段のスキンケアに取り入れてみてください。

潤いに満ちたツヤ肌を目指して、さまざまな美容方法を楽しみながら、取り入れていきましょう!

 

この記事は2016年11月02日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

【おすすめの自社ホットクレンジング】

肌ナチュール炭酸ホットクレンジング
miarii特別価格にて販売実施中

炭酸泡タイプという珍しいタイプのホットクレンジングで、洗顔とクレンジングの機能を兼ね備えています。

肌に乗せると、泡から美容液状に変化し、ギュッギュッと優しくハンドプレスをして汚れとなじませます。

美容液状になることで毛穴の中に入り込み、肌に負担をかけずに汚れを吸着してしっかりと落とします。

保湿成分であるセラミドや吸着型ヒアルロン酸やナノコラーゲン、プラセンタなどを始めとした美容成分がたっぷり配合されており、クレンジング後もしっとりとした洗い上がりです。

また、炭酸が肌をやわらげ、蓄積した古い角質などを落としやすくするので、くすみなどをやわらげ、明るい印象の肌へと導いてくれます。

そして、じんわりと肌を温める「温感作用」によって古い角質に吸着する炭酸の性質を温感作用がサポートし、肌の潤いは守りながら、さらに古い角質や毛穴の黒ずみ汚れを洗い落としやすくしてくれます。

寒さや乾燥でこわばった肌をじんわりと温めるので、クレンジング後のスキンケアが角質層へとぐんぐん浸透し、乾燥に負けない潤いに満ちた肌へ。

クレンジングだけではなく、炭酸パックや洗顔料、角質ケア、マッサージケア、トリートメントなど1本で6つの機能を持っているため、おすすめの炭酸ホットクレンジングです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*