はちみつ洗顔だけじゃない!ツヤ肌に導くはちみつ美容方法3選

profile-461076_1920

「はちみつ洗顔って最近聞くけど、どんな魅力があるの?どうやってやればいいの?」と思ったことはありませんか?

はちみつ洗顔は、お手持ちの洗顔料に市販のはちみつを混ぜて洗顔するだけという、とっても手軽で簡単な美容法です。

洗顔料にはちみつを混ぜるだけなのに、お肌に良いことがたくさんあります。

そこで今回は、一度試してほしいはちみつ洗顔の魅力と実践方法、その他のはちみつ美容法について紹介します。

1.はちみつ洗顔とは?

女性 疑問

はちみつ洗顔とはお手持ちの洗顔料を泡立てた後に、市販のはちみつを混ぜて洗顔するという美容法です。

泡立てた洗顔料にはちみつを混ぜるだけで、お肌に嬉しい魅力があります。

はちみつには、お肌に良いと言われる成分が約190種類も含まれていると言われています。

主な成分としては、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄、銅、マンガン、ナトリウム、マグネシウム、葉酸、タンパク質、アミノ酸、オリゴ糖などです。

このように、はちみつには美肌づくりに良いと言われているビタミンB群やビタミンCなども豊富に含まれているので、化粧品に美容成分として配合されることも多いです。

<はちみつがもたらす3つの魅力>
①肌にうるおいを与えてくれる
②くすみがちな肌を明るくしてくれる
③肌を整え、清潔に保つ

①肌にうるおいを与えてくれる

水
はちみつは、肌に塗ると肌の水分を守りつつ、空気中の水分を取り入れて水分を保ってくれると言われています。

また、天然ミネラルやアミノ酸などが含まれているので乾燥を防いで、肌にうるおいを与えてくれる保湿効果を期待できます。

そのため、はちみつ洗顔後には、お肌がしっとりとし、うるおいを感じられるので、乾燥が気になる方などにおすすめです。

②くすみがちな肌を明るくしてくれる

くすみがちな肌を明るくする
はちみつの分子は細かく、くすみの主な原因である古い角質などをやさしくしっかりと落としてくれます。

そのため、はちみつ洗顔をおこなうことで、乾燥や年齢によるくすみをやわらげ、明るい肌印象へと導いてくれることを期待できるでしょう。

③肌を整え、清潔に保つ

肌を整え清潔に保つ
はちみつには肌を整え、清潔に保つビタミンB群やビタミンCなどが含まれており、殺菌・消炎などを期待できます。

そのため、はちみつ洗顔はニキビなどの肌荒れでお悩みの方にもおすすめです。

2.はちみつ洗顔の方法とは?

導入美容液

お肌に嬉しい魅力がたっぷりのはちみつ洗顔ですが、実践方法を知りたいですよね。

こちらでは、自宅でできるはちみつ洗顔の正しい方法とはちみつ選びのポイントについて紹介します。

2-1.はちみつ洗顔の正しい方法

はちみつ洗顔の正しい方法

<用意するもの>
・はちみつ
・ティースプーン
・洗顔料(普段使っているもの)
・泡立てネット(お手持ちであれば)

<はちみつ洗顔の手順>
①手をしっかりと石鹸で洗う
②しっかりと洗顔料を泡立てる
③泡立てた洗顔料にはちみつを垂らす
④泡とはちみつを軽く混ぜ、顔になじませる
⑤清潔なタオルで優しく水気を取る

①手をしっかりと石鹸で洗う

手を洗う
洗顔前にしっかりと手を洗い、清潔にしましょう。

手には雑菌がたくさんついているので、そのまま洗顔をしてしまうと顔に雑菌を広げてしまうことになり、肌荒れの原因となってしまいます。

②しっかりと洗顔料を泡立てる

洗顔料を泡立てる
洗顔料をしっかりと泡立てましょう。

この時普段より、しっかりと泡立てるのがポイントなのです。
泡立てネットをお持ちの方は泡立てネットを使って逆さにしても落ちないくらいのモコモコ泡にしましょう。

泡立てが足りないと、はちみつを混ぜた際に泡がしぼんだようにドロドロになってしまう場合があります。

【miarii編集部おすすめ洗顔料】
■肌ナチュール 炭酸洗顔フォーム

肌ナチュール 炭酸洗顔フォーム

>>肌ナチュール 炭酸洗顔フォーム公式HPはこちら

肌ナチュールは忙しい朝にも使いやすい炭酸泡洗顔フォームです。

炭酸クレンジングが汚れを落とす

日中や寝ている間などに肌に溜まった不要な皮脂や汗、ホコリなどの汚れを炭酸が吸着してしっかりと洗い落とし、乾燥によるツッパリなどを感じさせないスッキリとした洗い上がりです。

濃密炭酸泡で肌を包み込むように洗顔できるので、摩擦による肌への負担を抑えてくれるおすすめの洗顔フォームです。

モコモコ炭酸泡がそのまま出てくるので、はちみつ洗顔を試すときにも相性がよく、心地よく洗顔できるでしょう。

>>肌ナチュール 炭酸洗顔フォーム
公式HPはこちら

③泡立てた洗顔料にはちみつを垂らす
しっかりと泡立てた洗顔料にティースプーン1杯程度のはちみつを垂らしましょう。

チューブタイプのはちみつだと、片手でも出しやすいのでおすすめです。

④泡とはちみつを軽く混ぜ、顔になじませる

泡とはちみつを軽く混ぜ、顔になじませる
はちみつと泡を軽く混ぜ合わせると泡がもったりとしたクリーミーな重たい泡になります。

その泡を顔の上にやさしく撫でるようになじませていき、強く擦ったりしないように気を付けましょう。

順番としては、まずは比較的皮脂が多いTゾーン(おでこ、鼻)から洗います。
次に頬を優しく洗い、目や口周りは最後に洗ってください。

目や口周りは皮膚が薄くデリケートなため、泡をのせて軽く押さえる様になじませるだけで十分です。

④ぬるま湯でしっかりとすすぐ

ぬるま湯ですすぐ
泡が残らないようにぬるま湯でしっかりとすすぎます。

熱すぎるお湯は必要な皮脂や水分まで奪ってしまいます。
大体30度から32度くらい、触ったときにぬるいなと感じる程度を目安に温度調節しましょう。

⑤清潔なタオルで優しく水気を取る

清潔なタオルで水気をふき取る
清潔なタオルを擦らずに肌に当てて、水気を優しく吸収させましょう。

ゴシゴシと擦るようにタオルで拭くと摩擦により肌に負担がかかる可能性があります。

ポンポンと優しく肌にタオルを当てて水気をとり、擦らないように気を付けましょう。

2-2.はちみつ洗顔の注意点

はちみつ洗顔の注意点
■必ずパッチテストを事前におこないましょう。
二の腕の裏側部分にはちみつを少し塗り、1日過ごしてかゆみや腫れ、赤みなどが出ないことを確認の上、試してみてください。

かゆみや腫れ、赤みなどが出た場合には、肌に合わない可能性があります。

そのため、はちみつ洗顔をすることはおすすめできません。

3.はちみつ選びのおすすめポイント

はちみつ選びのポイント

3-1.100%天然ハチミツがおすすめ

はちみつには、いくつかの種類があります。

加工がされていない100%天然ハチミツ、糖類が人工的に加えられた加糖ハチミツ、はちみつの香りや色を取り除いた精製ハチミツなどです。

はちみつ洗顔の魅力を最大限に感じるためには、100%天然の純粋ハチミツがおすすめです。

ラベルなどに天然、純粋などの表示があるので確認しましょう。

3-2.加熱処理されていないはちみつがおすすめ

加熱処理がされていると、栄養素や香りが損なわれてしまいます。

はちみつは抗菌・殺菌作用が強いため、加熱処理がされていなくても衛生上問題ありません。

そのため、はちみつ洗顔には加熱処理されていないはちみつがおすすめです。

3-3.「単花蜜」のはちみつがおすすめ

はちみつには、たくさんの花の種類から蜜を集めた「百花蜜」と一種類の花から蜜を集めた「単花蜜」があります。

単花蜜のほうが含まれる成分に統一性があると言われているので、はちみつ洗顔には単花蜜がおすすめです。

パッケージなどに表示されているので確認して選びましょう。

3-4.チューブタイプのはちみつがおすすめ

ビンタイプのはちみつだと、洗顔料にはちみつを混ぜる際にフタを開けておいたりする必要があります。

チューブタイプのはちみつであれば、片手ではちみつを加えことができるので、洗顔の際も使いやすくおすすめです。

4.まだまだ知りたい簡単はちみつ美容

簡単はちみつ美容

はちみつ洗顔以外にも簡単に実践できるはちみつ美容があるので、紹介します。

4-1.はちみつ美容パック

shutterstock_497891797

はちみつを使ったスペシャルケアパックです。

しっとりとした保湿力を簡単に実感できるので、肌の乾燥や肌荒れが気になるという方はぜひ試してみてください。

<用意するもの>
・ラップ
・はちみつ
・スプーン

<はちみつ美容パックの手順>
①洗顔後にはちみつを顔に塗る
②ラップでパックをし、5~10分間置く
③はちみつを洗い流す

①洗顔後にはちみつを顔に塗る
洗顔をしてタオルで水気を優しくとった後、おおさじ1杯程度のはちみつを手のひらにとり、顔全体にやさしくなじませます。

ベタベタして気持ち悪いという方は少量のお湯で溶いてから、なじませてください。

②ラップでパックをし、5~10分間置く
はちみつを塗り終えたら、鼻と口の部分は避けて、ラップで上から包みます。

ラップでパックをしなくても、はちみつの魅力は感じられますが、パックするとさらに保湿力などを実感できます。

③はちみつを洗い流す
はちみつが肌に残らないようにしっかりと洗い流します。

先ほどのはちみつ洗顔同様、触ったらぬるいと感じるくらいのぬるま湯(30度から32度程度)で流しましょう。

4-2.はちみつ唇パックケア

はちみつ唇パック

はちみつを使った唇のスペシャルケアで、ぷるぷるの唇を目指しましょう。

お手軽にできるので、唇の荒れやカサつきが気になる方はぜひ試してみてください。

<用意するもの>
・はちみつ
・ラップ
・綿棒
・ワセリン

<はちみつ唇パックの手順>
①はちみつを唇に綿棒で塗る
②ラップで唇をパックして、15分ほど置いておく
③ティッシュオフし、軽く洗い流す。
④ワセリンを塗る

①はちみつを唇に綿棒で塗る
はちみつを綿棒で唇にたっぷりと塗ります。

綿棒がなければ指などで塗っても大丈夫です。

このとき少し唇からはみ出して、鼻の下などにも塗るのもおすすめです。

②ラップで唇をパックして、15分ほど置いておく
唇が覆えるほどの大きさに切ったラップでパックをします。

パックをした後は15分程度置いておきましょう。

③ティッシュオフし、軽く洗い流す
15分ほど置いた後は唇を擦らない様に、はちみつを優しくティッシュオフして軽く洗い流します。

洗い流す際は、はちみつ洗顔と同様に触ったらぬるいと感じるくらいのぬるま湯(30度から32度程度)で流しましょう。

④ワセリンを塗る
洗い流した後は、ワセリンを指で塗って保湿します。

5.まとめ

話題のはちみつ洗顔は、お手持ちの洗顔料とはちみつがあれば簡単にできる美容方法です。

はちみつを用意するだけなので、費用面でも手軽に続けられそうですね。

はちみつ洗顔だけでなく、ほかにも美容パックや唇パックなどもあるのでぜひ今日から、はちみつ美容を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ぷるぷるつやつやの美肌を手に入れて、メイクやおしゃれを楽しみましょう。

この記事は2016年02月17日時点での情報となります。
また記事の内容には個人差がございますので、ご了承ください。

おすすめの自社洗顔料

ホイップ洗顔画像

ホイップクリームのような濃厚炭酸泡が出てきます。肌になじませることで炭酸泡が汚れに吸着し、浮かせて落とすため、肌への摩擦を軽減できます。

また、炭酸は肌をやわらげてくれるので、ゴワゴワとした肌にハリ・ツヤを与えてくれることや、化粧水や美容液などを肌の角質層まで浸透しやすくしてくれることが期待できます。

こだわりの自然派美容成分やヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が贅沢に配合されているため、洗顔後もうるおいが続きます。

また、出雲の温泉水を使用するなど配合する成分にこだわり、合成香料や合成着色料などは使用していません。

摩擦をできるだけ抑えて肌に負担をかけずに不要な汚れを落とし、化粧ノリが良いスッキリした肌へと導いてくれるのでおすすめです。

商品についてもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*