マツエクOKなクレンジング!選び方と長持ちさせる8つのコツ

マツエク クレンジング

女性の間でマツエク(まつげエクステ)は、すでに当たり前の美容アイテムとなりました。

マツエクはマスカラなどのアイメイクをしなくても、自然に目をパッチリと大きく見せてくれる、女性にとって便利なアイテムです。

そんな女性の味方になってくれるマツエクですが、気を付けなければいけないのが長持ちさせるためのケアです。

正しいマツエクケアを怠ってしまうと、あまり長持ちせずにすぐに取れやすくなってしまいます。

とくにマツエク女子にとってクレンジングは、正しく選んで使わないと、マツエクがすぐにとれてしまう原因となるので、気を付けなければなりません。

今回は、マツエクをつけているときに使える、クレンジングを選ぶポイント、マツエクを長持ちさせるケア方法を伝授します!

1.なぜマツエクはクレンジングに気をつけなければならないの?

なぜマツエクはクレンジングに気を付けなければいけないの?

マツエクをつけている方は、なぜクレンジングを選ぶときに気を付けなければならないのでしょうか。

その理由はマツエクに使う「グルー」と呼ばれる専用の接着剤が油分に弱く、グルーに油分がついてしまうとマツエクの接着力が落ちて、すぐにとれやすくなってしまうからです。

そのため、オイルクレンジングなどの油分を多く含むクレンジングを使うと、マツエクが長持ちしづらくなってしまいます。

このような理由からマツエクをつけているときには、水ベース(水性)のクレンジングを選んで使う必要があるのです。

2.マツエクOKなクレンジングを選ぶポイント

マツエクOKなクレンジングとは

マツエクをつけているときにも使えるクレンジングを選ぶポイントは、水ベース(水性)であることです。

前述したとおり、マツエクは油分が多く含まれたクレンジングを使うと、グルーの接着面が弱まり、マツエクが長持ちしない大きな原因となってしまいます。

クレンジングはオイルやミルク、クリームなどさまざまなタイプのものがあります。

そんな中でマツエク向きの主なクレンジングは、水ベース(水性)である次の3つです。

ローション(ウォーター)タイプ
リキッドタイプ
ジェルタイプ

ただし、この3つのタイプのクレンジングの中でも商品によっては油分を含んでいる場合もあるので、成分表示を見たり、店員さんやメーカーに確認したりしてみてください。

また、完全にオイルフリーのクレンジングでなくても水溶性のクレンジングであれば、マツエクをつけていても使える場合もあります。

そのため、比較的油分が少ないミルククレンジングなどもマツエクをつけている方にはおすすめです。

3.マツエクを長持ちさせるためのコツ

マツエク 長持ち

マツエクを長持ちさせるためには、クレンジング以外にもコツがあります。

これからマツエクを長持ちさせるコツをご紹介するので、意識してみてください。

3-1.マツエクをつけた当日は洗顔しない

マツエクをつけた当日は、グルーがまだきちんと渇いて安定しておらず、水に濡れるとエクステがとれやすくなってしまいます。

グルーが渇いて安定するには、大体1日くらいかかると言われているので施術した当日はできるだけ洗顔などは控えるようにしましょう。

3-2.シャワーを顔に直接かけない

シャワーを直接かけない

シャワーを直接顔にあてると、水圧によってマツエクがとれやすくなる可能性があります。

そのため、強い水圧のシャワーを顔に直接あてるのは、控えましょう。

3-3.ぬるま湯ですすぐ

熱いお湯で顔をすすぐと、グルーの粘着力が弱まり、マツエクがとれやすくなってしまいます。

また、熱いお湯は汚れとともに、肌にとって必要な水分や油分なども一緒に洗い流し、乾燥をもたらす可能性もあります。

顔をすすぐときには、触ったときにぬるいと感じる程度のぬるま湯(大体30~32度)ですすぐように意識してみてください。

3-4.洗顔後はドライヤーで乾かす

ドライヤーで乾かす

マツエクは一見、乾いているように見えても、中まできちんと乾いていないこともあります。

そのため、洗顔後や入浴後はドライヤーを使って乾かすのがおすすめです。

まずは、タオルを軽くあてるようにして、マツエクについた水気をとります。
このときゴシゴシこすらないよう気を付けましょう。

その後、ドライヤーの冷風をマツエクの下から当てて、左右1分ずつ乾かします。
すると、マツエクが長持ちしやすくなるので、ぜひ試してみてください。

3-5.美容液や乳液、クリームなどがつかないようにする

スキンケアアイテムがつかないように

乳液やクリームには油分が含まれるのでマツエクにつくと、油分に弱いグルー部分の粘着力が落ちて、とれやすくなってしまいます。

目元に美容液や乳液、クリームなどをつけるときには、マツエクにつかないように気を付けましょう。

3-6.まつげ美容液をつける

マツエクを長持ちさせるためには、まつげ美容液をつけて、自まつげをすこやかに保つことをおすすめします。

マツエクはグルーを使ってエクステンションを直接自まつげに接着させるので、自まつげに負担がかかりやすいです。

また、自まつげ自体が短かったり少なかったりすると、つけられるマツエクの本数が限られてしまい、場合によっては施術自体ができない可能性もあります。

そのため、マツエクを十分に楽しむためには、まつげ美容液を使ってすこやかなまつげを保つことがポイントです。

まつげ美容液を選ぶときには、油分を含むものを使うと、マツエクがとれやすくなるので油分を含まないマツエクOKなものかどうかを確認するようにしましょう。

3-7.まつげブラシやコームで丁寧にとかす

マツエク コーム

マツエクは、まつ毛同士が絡まって向きがおかしくなったり、くっついたりするとバラつきが出て、長持ちしにくいです。

そのため、まつ毛用のコームやブラシで優しく丁寧にとかすことをおすすめします。
毎日、メイク前にまつ毛をとかすことを習慣づけると良いでしょう。

このときに強く引っ張るようにとかすと、マツエクがとれやすくなってしまうので、気を付けてください。

3-8.うつ伏せに寝ないようにする

うつぶせに寝ない

マツエクをつけているときに、うつ伏せで寝てしまうと枕やシーツなどとこすれて、とれやすくなってしまいます。

マツエクへの摩擦を避けるために、できるだけ仰向けや横向きの体勢で寝るように気をつけましょう。

4.マツエクをつけているときのメイクポイント

マツエク メイク

マツエクをつけているときのメイクってどうすればいいのかよくわからない方も多いかもしれません。

こちらでは、マツエクをつけているときのメイクポイントをご紹介するので、チェックしてみてください。

4-1.マスカラはお湯で落ちるタイプを選ぶ

マツエクをつけているときには、マスカラはお湯で落ちるタイプのものを選ぶことをおすすめします。

ウォータープルーフタイプのマスカラをつけると落としづらく、クレンジングのときに目元をこすってしまう可能性が高くなり、マツエクがとれやすくなります。

マツエク ポイント

基本的にはマツエクをつけているときには、目元に負担をかけないようにするためにもマスカラはつけないほうが長持ちしやすいです。

しかし、「どうしてもマスカラをつけたい」という方には、比較的メイクを落としやすいお湯で落ちるタイプのマスカラを選ぶことをおすすめします。

4-2.ホットビューラーを使う

マツエクをつけているときに挟むタイプのビューラーを使うと、まつげとの接着部分を挟むことになり、グルーがはがれてエクステがとれやすくなってしまいます。

また、マツエクを挟んだときに不自然に折れてしまうこともあります。

そのため、ビューラーを使いたい場合には、ホットビューラーをマツエクの根元にあてて、カールさせるのがおすすめです。

5.まとめ

メイクをしなくても、簡単に目を大きく見せてくれるマツエクはキレイになりたい女性にとって強い味方です。

しかし、マツエクは正しいケア方法をおこなわないと、せっかくキレイにつけても、すぐにとれやすくなってしまいます。

特にクレンジングは油分を含むものを使うと、マツエクが長持ちしない原因となりやすいので、注意が必要です。

マツエクの正しいケア方法を身に着けて、メイクやオシャレをもっと楽しみましょう!

おすすめの自社ホットクレンジング


miarii特別価格にて販売実施中

肌ナチュール炭酸クレンジングで、毎日のクレンジングが楽しみに!

炭酸泡タイプという珍しいタイプのホットクレンジングで、洗顔とクレンジングの機能を兼ね備えています。

肌に乗せると、泡から美容液状に変化し、ギュッギュッと優しくハンドプレスをして汚れとなじませます。

保湿成分であるセラミドや吸着型ヒアルロン酸やナノコラーゲン、プラセンタなどを始めとした美容成分がたっぷり配合されており、クレンジング後もしっとりとした洗い上がりです。

また、炭酸が肌をやわらげ、蓄積した古い角質などを落としやすくするので、くすみなどをやわらげ、明るい印象の肌へと導いてくれます。

そして、じんわりと肌を温める「温感作用」によって古い角質に吸着する炭酸の性質を温感作用がサポートし、肌の潤いは守りながら、さらに古い角質や毛穴の黒ずみ汚れを洗い落としやすくしてくれます。

寒さや乾燥でこわばった肌をじんわりと温めるので、クレンジング後のスキンケアが角質層へとぐんぐん浸透し、乾燥に負けない潤いに満ちた肌へ。

毎日のクレンジングでエステのような本格的炭酸美容ケアができる、おすすめの炭酸ホットクレンジングです。

商品をもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*