肌のくすみをあきらめないで!5つの原因別くすみ対策方法

肌のくすみ

肌にくすみがあると透明感などが失われて、顔色も冴えなかったりします。

朝起きたときに顔色がすぐれないと、ついファンデーションを厚塗りするなどして、カバーしようとしてしまいがちです。

そんな私たちを悩ます肌のくすみですが、くすみの原因をきちんと知ることで対策ができます。

きちんとくすみの原因を知って対策することで、ツヤのある肌を目指しましょう!

1.肌のくすみ|5つの原因

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%80%80%e7%99%bd%e6%b5%ae%e3%81%8d%ef%bc%88clara%ef%bc%89%e2%91%a0

くすみとは、一般的には肌の透明感が失われ、明るさやツヤが感じられない肌状態のことです。

肌がくすむと顔色が悪く見えたり、肌がゴワゴワと硬く、暗い印象に見えたりして、疲れや年齢を感じさせてしまいます。

肌のくすみの原因は1つではなく、大きく5つの原因に分けることができます。

まずは、肌のくすみの5つの原因と見分け方を紹介します。

1-1.メラニンによるくすみ

メラニン

メラニンによるくすみは紫外線や摩擦などの刺激が原因で、メラニンが肌に蓄積することによって起こるものです。

顔全体が日焼けした様に茶黒く、くすんで見えて暗い印象になりやすいです。

また、皮脂を構成するひとつである「遊離脂肪酸」という成分がメラノサイトを刺激し、メラニンを増やす可能性があると言われています。

そのため紫外線を浴びていない場合でも、「遊離脂肪酸」が原因で皮脂ヤケし、メラニンによるくすみが起こる場合があります。

1-2.乾燥によるくすみ

乾燥によって肌がカサつき、グレーっぽく見えることによるくすみです。

肌は乾燥すると、肌内部の水分を守ろうして角質層がミルフィーユのように厚く重なります。

乾燥によるくすみ

すると、本来は肌に残らないはずの古い角質が厚く重なって「角質肥厚」と呼ばれるグレーがかってくすんで見える状態となります。

特に、冬に多く見られると言われているくすみです。

1-3.古い角質によるくすみ

古い角質にょるくすみ

古い角質が、肌に溜まって厚くなって重なった状態となり、グレーっぽく見えるくすみです。

本来であれば自然と剥がれ落ちる古い角質が、加齢などによってスムーズに剥がれ落ちず、肌表面に残ることが原因で起こります。

古い角質にはメラニンが含まれているので、乾燥によるくすみと同様にハリツヤがなく、肌が全体的にグレーっぽく見えます。

1-4.血行が悪くなることによるくすみ

血行不良によるくすみ

身体の冷えや睡眠不足などが原因で血行が悪くなることによるくすみです。

青黒く肌がくすみ、疲れているように見えたり、不健康に見えやすいのが特徴です。

1-5.カルボニル化や糖化による黄ぐすみ

黄ぐすみの原因は、「糖化」によるものと「カルボニル化」によるものの2つのタイプがあると言われています。

■糖化

糖化

糖化によるくすみは糖質とタンパク質が結びつくことによって、くすんで見えるタイプです。

主な原因は、炭水化物や砂糖などに含まれる糖質を過剰摂取することだと言われています。

■カルボニル化

カルボニル化によるくすみ

カルボニル化によるくすみは、脂肪の分解物とタンパク質が結びつくことで、くすんで見えるタイプです。

主な原因は、脂質の過剰摂取だと言われています。

どちらのタイプも黄色くくすんで見え、ストレスや喫煙、加齢、紫外線なども原因になりやすいと言われています。

2.肌のくすみの原因別対策方法

肌のくすみ原因別対策方法

あなたはどのタイプのくすみに当てはまったでしょか。

原因ごとに対策方法について紹介するので、自分にあてはまるものをチェックしてぜひ試してみてください。

2-1.メラニンによるくすみ対策

シワ・たるみ

メラニンによるくすみの対策方法は、紫外線対策と肌に強い摩擦を与えないこと、正しい洗顔方法で余分な皮脂を落とすことの3つです。

<紫外線対策>

メラニンは、紫外線が原因で増えます。

そのため、日焼け止めや日傘を使って季節を問わず1年中、日焼け止めをしっかりと塗って紫外線対策をおこなうことが大切です。

また、紫外線は外出時だけでなく、室内に居るときでも窓から入ってきて肌に影響を与えるので室内でも紫外線対策を怠らないようにしましょう。

日焼け止めはメーカーが推奨している使用量を守って使い、2~3時間を目安にこまめに塗り直すのがポイントです。

紫外線

また、目から紫外線が入った場合にもメラニンは生成されてしまうので、サングラスやUVカット機能付きのメガネを併せて使うと良いでしょう。

日焼け止めを塗ると、肌が乾燥するので苦手という方にはUV入りの乳液がおすすめです。

UVカットだけでなく、保湿ケアとしての役割もあるので、日焼け止めを塗るよりも乾燥を感じにくいでしょう。

また、女性は生理前や妊娠中にホルモンの影響で紫外線の影響を受けやすいので、その時期はとくに念入りなUVケアをおこないましょう。

そして日焼け止めは塗るのはもちろんのこと、きちんと落とすということも大切です。

日焼け止めはきちんと落とさないと、乾燥などさまざまな肌荒れの原因となる可能性があります。

日焼け止めの落とし方について詳しく知りたい方はこちらの記事をぜひ参考にしてみてください。
>>「1年中欠かせない日焼け止め!顔・身体の正しいクレンジング方法とは」

<肌に強い摩擦を与えない>

間違いお手入れ

肌を強くこすったり、パチパチと叩いたりして強い摩擦を与えると、メラニンが生成されやすくなると言われています。

メラニンによるくすみを防ぐためには、肌に触れる際に決してゴシゴシと強くこするのではなく、優しく触れるように意識することが大切です。

<正しい洗顔をおこなう>

洗顔

メラニンによるくすみをお手入れするには、正しい洗顔によって余分な皮脂をきちんと落とし、肌を清潔に保つことが大切です。

皮脂は4種類の皮脂成分で構成されており、この中に「遊離脂肪酸」という成分があります。

この「遊離脂肪酸」は、長時間肌に残っているとメラノサイトを刺激して「皮脂ヤケ」と呼ばれるメラニンくすみの原因となることがあります。

そのため、メラニンによるくすみを防ぐためには、毎日の洗顔を正しくおこなうことが大切です。

正しい洗顔方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。
>>「正しい洗顔方法で未来の肌を守る!マシュマロみたいな柔らか肌へ」

2-2.乾燥によるくすみ対策

乾燥によるくすみの対策方法は、基礎化粧品でしっかりと保湿をすることです。

保湿をする際には、「セラミド」という保湿成分が配合された化粧品を選ぶことをおすすめします。

なぜならセラミドは、もともと私たちの肌に存在する保湿成分なので、肌なじみがよく、潤いを実感しやすいといわれているからです。

水分をキープするセラミドのイラスト

化粧品の全成分表示を確認して、「セラミド+数字」又は「セラミド+アルファベット」と表示があるものがヒト型セラミドと呼ばれ、肌なじみが良いので特におすすめです。

そしてセラミド化粧品を選ぶときには、美容液を選ぶと良いでしょう。

美容液には保湿成分などの有用成分を凝縮して配合しやすいと言われており、効率的に保湿ができます。

さらにセラミドは油溶性の成分なので、化粧水などよりも油分を含む美容液のほうが配合しやすいと言われています。

美容液

そのため、保湿をするときには美容液を取り入れるのがおすすめです。

またセラミド以外の保湿成分に関しては、下記にある代表的な保湿成分を参考にしながら全成分表示を確認して選ぶと良いでしょう。

《代表的な保湿成分》
・セラミド(表示例:セラミド1・セラミド2・セラミド3又はセラミドEOP・セラミドNS等)
・コラーゲン(表示例:水溶性コラーゲン・加水分解コラーゲン等)
・プロテオグリカン(水溶性プロテオグリカン)
・ヒアルロン酸(表示例:加水分解ヒアルロン酸・ヒアルロン酸Na等)
・グリセリン

<miarii編集部 おすすめ保湿美容液>
おすすめの保湿美容液をご紹介します。

■肌ナチュール炭酸美容液

美容液バナー画像

>>肌ナチュール 炭酸美容液
公式商品サイトはこちら

肌ナチュール炭酸美容液は、高濃度炭酸が配合された保湿美容液です。

シュワシュワの炭酸泡を手のひらにとり、優しく顔全体になじませてハンドプレスを繰り返すと、手のひらに肌が吸い付くような潤いが続きます。

セラミド1、3、6Ⅱやヒアルロン酸、プロテオグリカンなどの保湿成分がたっぷりと配合されているだけでなく、アルガンオイルや出雲の温泉水なども配合。

これらの美容成分を炭酸が乾燥や古い角質によって硬くなった肌を徐々にやわらげ、角質層のすみずみまで届けてくれるので、モチモチとしたハリツヤ肌に嬉しくなります。

乾燥によるくすみが気になっている方にぜひ一度お試しいただきたい保湿美容液です。

>>肌ナチュール炭酸美容液
商品公式サイトはこちら

2-3.古い角質によるくすみ対策

古い角質によるくすみの対策方法は、古い角質を溜めないように正しいクレンジングと洗顔をおこなうことと、スペシャルケアで古い角質を洗い落とすことです。

<クレンジングと洗顔の正しいポイント>

水 洗顔

クレンジングや洗顔方法が間違っていると、古い角質が肌に溜まりやすくなって、肌にくすみが現れる原因となります。

クレンジングと洗顔は、理想の肌を目指すうえで欠かせない基本のスキンケアです。

この機会に普段のクレンジングや洗顔方法が間違っていないかチェックしてみてください。

①クレンジング・洗顔を始める前に手を洗う

手を洗う
手が汚れたまま、クレンジングや洗顔をおこなうと、泡立ちが悪くなったり、手についた雑菌が肌荒れの原因となったりする可能性があります。

クレンジングや洗顔は、始める前に必ずハンドソープや石鹸などで手を洗って清潔にするよう意識しましょう。

②クレンジング料や洗顔料は使用量を守る

クレンジング料や洗顔料は、使用量を守らずに使うとクッションの役割を果たせず、肌をゴシゴシと強くこすってしまい、負担をかけてしまう可能性があります。

また、使用量が少ないと、クレンジングと洗顔の「汚れを落とす」という本来の役割を十分に果たせません。

そのため、クレンジングや洗顔をおこなうときには、必ずパッケージなどに記載されている使用量を守って使うようにしましょう。

③こすらずに指先で優しくなじませる

泡でこすらないように
クレンジング料や洗顔料を肌になじませるときに、肌をゴシゴシと強くこすると摩擦を与えてしまいます。

すると、摩擦によって肌に負担がかかり、乾燥などの肌荒れの原因となりかねません。

肌の角質層はわずか0.02mm程の厚さしかなく、デリケートなので、肌に触れるときには指の腹を使って、やさしくなじませるように気をつけましょう。

④クレンジングや洗顔料はぬるま湯ですすぐ

ぬるま湯ですすぐ

クレンジングや洗顔のときに熱いお湯で顔をすすぐと、肌にとって必要な水分や油分なども一緒に洗い流し、乾燥などの肌荒れの原因となる可能性があります。

逆に冷水ですすいだ場合には、急激に肌を冷やしてしまい、赤ら顔の原因となる場合があります。

クレンジンや洗顔時に顔をすすぐときには、触ってぬるいなと感じる程度のぬるま湯(30~32度程度)ですすぐように習慣付けしましょう。

<miarii編集部 おすすめクレンジング>

■肌ナチュール 炭酸ホットクレンジング

>>肌ナチュール 炭酸ホットクレンジング
公式商品サイトはこちら

miarii特別価格で販売実施中

肌ナチュール炭酸ホットクレンジングは、温感作用のある高濃度炭酸が配合されたクレンジングです。

smp_h_cle_v7_06h_01

美容液状にとろけるクレンジングを肌に優しくなじませるとゴシゴシ洗いをしなくても、メイクや毛穴汚れなどが肌から浮き上がって溶けていくような使用感で、クセになります。

炭酸にはタンパク質に吸着するという特徴があり、くすみの原因となる古い角質は主にタンパク質で構成されています。

古い角質を洗い流す

そのため、クレンジングに溶け込んだ高濃度炭酸が古い角質をやわらげてオフし、くすみを感じさせないハリツヤ肌へと導いてくれます。

それだけでなく、肌ナチュールは温感作用によって炭酸の特徴をサポートし、肌をじんわりと温めることでやわらげ、古い角質や毛穴の黒ずみなどをさらに洗い落としやすくします。

また、温感作用は肌を角質層までしっかりと保湿成分やハリツヤ成分などが浸透しやすく、柔らげ整えてくれます。

そのため、肌ナチュールにたっぷりと配合されたセラミド1・3・6Ⅱや吸着型ヒアルロン酸、ナノコラーゲン、プラセンタなどの潤い・ハリ成分によって、乾燥によるツッパリを感じさせないしっとりとした心地よい洗い上がりです。

クレンジングと洗顔がこれ1本でできるので、物理的な肌摩擦を減らすことができ、忙しいときや疲れているときにも簡単に使えて続けやすいです。

乾燥や古い角質によるくすみにお悩みの方にぜひ手にとってもらいたい炭酸クレンジングです。

>>肌ナチュール 炭酸クレンジング
公式商品サイトはこちら
miarii特別価格で販売実施中

<ピーリング洗顔>

ピーリング洗顔とは、肌に溜まった古い角質を専用の洗顔料を使って洗い落とす洗顔方法です。

古い角質によってくすんだ肌は、ゴワゴワと硬くなってハリがない状態です。

そのため、化粧水や美容液などの基礎化粧で保湿をしても、なかなか角質層まで浸透せず、潤いやハリを実感できません。

ピーリング洗顔

そんなときに、ピーリング洗顔をスキンケアに取り入れると、くすみの原因である肌に蓄積された古い角質を洗い落とし、肌をやわらげて素肌を整えてくれます。

さらに古い角質を洗い落として肌をやわらかくすることにより、化粧水や美容液などが角質層のすみずみまで浸透しやすくなり、みずみずしいハリツヤ肌へと導いてくれるでしょう。

しかし、ピーリング洗顔は使用頻度や使い方を間違えると、肌に負担がかかりやすいというデメリットもあります。

そのため、パッケージや説明書に記載されている使用方法などをきちんと守って使うようにしましょう。

商品によってももちろん違いますが、ピーリング洗顔は基本的には週に1~2回程度を目安にスペシャルケアとして取り入れることをおすすめします。

また、ピーリング洗顔後の肌はデリケートなので「保湿」と「紫外線対策」をしっかりとおこなうことが大切です。

化粧水や美容液などでしっかりと保湿をし、紫外線による影響を受けやすいので、日焼け止めや日傘などを使ってしっかりと紫外線対策をおこなうようにしてください。

2-4.血行が悪いことによるくすみ対策

血行が悪いことによるくすみの対策方法は、巡りを良くするために、蒸しタオル洗顔とマッサージをおこなうことです。

顔色がすぐれず、血色が悪く感じたときにはぜひ試してみてください。

<蒸しタオル洗顔>

蒸しタオル洗顔

血行が悪いことによるくすみにお悩みの方には、スペシャルケアとして蒸しタオル洗顔を週に1、2回程度取り入れるのがおすすめです。

クレンジングをおこなった後、電子レンジで作った蒸しタオルを顔に優しくあてて温めます。

すると肌を温めたことで巡りが良くなり、血行が悪いことによるくすみが和らぐことが期待できます。

ドライヤーで首を温める

朝、時間がないという場合には、ドライヤーを使って首を温めるのがおすすめです。

ドライヤーをあてるときには、首元から15cmほど離して温風をあてましょう。

温風をあてる際は、ヤケドしないように注意しながらおこなってください。

蒸しタオル洗顔の詳しいやり方などについてはこちらの記事で紹介しています。
>>「蒸しタオル洗顔には魅力がいっぱい!その方法と秘密を大公開!」

<セルフマッサージ>

shutterstock_422284729

血行が悪いことによるくすみにお悩みの方は、セルフマッサージがおすすめです。

肌は血行が悪くなると青黒くくすんで、疲れているように見えやすいです。

今日はあまり顔色があまり良くないなと感じたときには、メイク前にマッサージをして、血行をよくしましょう。

マッサージをするときにはすべりを良くするためにも、必ずクリームを使って中指と薬指で、肌をこすらないよう注意しながらおこなってください。

マッサージ

■マッサージ6ステップ
①あごから顔の外側に向かってやさしく指を動かします

②頬からこめかみに向かって指を動かします。
くるくると円を描くようにしながら、2回に分けて動かしましょう。

③目の下に沿って目頭側から目尻に向かって指を動かします
目元は皮膚が薄くデリケートなので力を抜いて撫でるように動かしてください。

④額を下から上に向かって指を動かします
下から髪の生え際に向かって、軽く引き上げるように動かしましょう。

⑤鼻筋に沿って下に向かって指を動かす
力を入れないで鼻筋を撫でるように、マッサージします。

⑥小鼻に沿って上から下に向かって動かします。

これを1セットとし、1日2~3セット繰り返すことをおすすめします。

2-5.カルボニル化や糖化による黄ぐすみ対策

黄ぐすみの対策方法は、カルボニル化と糖化、どちらが原因かによってお手入れ方法も異なります。

■カルボニル化によるくすみ

カルボニル化による黄ぐすみ対策で大切なのは、スキンケアと食事です。

ランキングクレンジングミルク 

スキンケアでは、しっかりと保湿をすることを意識しましょう。

アイテム選びのときには、美白成分配合(※) の化粧品を選ぶことをおすすめします。

化粧品の全成分表示を確認するときには、ビタミンC誘導体やプラセンタ、フラーレンなどの美白成分(※)が配合されているかを確認することが理想的です。ぜひ確認してみてください。

※美白とは日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと

また、紫外線を浴びることによって酸化が起こり、肌が黄色っぽくくすんで見えてしまうと言われています。

日焼け止め

そのため紫外線対策を1年中怠らないように意識してください。

カルボニル化による黄ぐすみ対策で、食事に気をつける際に意識して欲しいのが油です。

オイル

 

炒め物を調理するときなど火を使うときには、酸化しにくいオリーブオイルやココナッツオイルなどを使うことをおすすめします。

そして過剰摂取するとカルボニル化によるくすみの原因となるといわれている、コーン油やひまわり油、サラダ油、菜種油などは控えるようにしましょう。

積極的に摂ってほしい食材は、リンゴやニンジン、赤ワインやザクロなど抗酸化力のあるポリフェノールやビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを多く含む食材なので、意識してみてください。

■糖化によるくすみ

糖化によるくすみ

糖化によるくすみの対策は、食生活の改善です。

急激に血糖値が上がると、身体は血糖値の上昇を抑制しようとするのですが、糖分が多過ぎると体内に蓄積され、タンパク質と結びつき糖化が起こってしまいます。

食事をとると通常血糖値は上昇しますが、過剰な糖分を摂取すると血糖値も急激に上昇してしまいます。

糖化によるくすみを対策する食事のポイントは2つあるので、今日から意識してみましょう。

①糖質を控える
②野菜から食べる

①糖質を控える
お菓子やケーキなど甘いものばかり食べていると、糖化によるくすみが目立ちやすくなってしまいます。

糖化を避けるためにも、ジュースや甘いものなどを過剰に摂取するのは控えましょう。

②野菜や海藻類から食べる

肌荒れ ビタミン
白米などの炭水化物は血糖値を一気に上昇させると言われているため、食べる順番が大切です。

血糖値の急激な上昇と糖質の吸収を抑えるためにも、野菜や海藻類から食べるように意識してみてください

次にお肉や魚などのタンパク質を食べて、炭水化物はできるだけ最後のほうに食べると糖化を防ぐことができると言われています。

3.肌くすみをカバーするメイク方法

肌くすみをカバーするメイク法

気になる肌のくすみは、ハイライトやコントロールカラーなどメイクによってカバーすることができます。

自分に合ったメイク方法を覚えて、くすみをカバーし、明るい印象肌を目指しましょう。

3-1.ポイントメイクで顔色を明るく見せる

肌のくすみをカバーするポイントは、ハイライトや健康的な色味のチークなどを使うことです。

Tゾーンや目の下にハイライト

Tゾーンや目の下辺りにハイライトを入れると、肌が明るく見えるのでおすすめです。

また、くすんだ肌に血色が良く見えるチークを足すことで、顔色を良く見せるのも良いでしょう。

3-2.コントロールカラーでカバーする

コントロールカラー

コントロールカラーを下地で使うことによって、肌のくすみを目立たないようカバーします。

くすみの原因ごとに、使用するコントロールカラーの色が変わってくるので、自分に合ったコントロールカラーをチェックしてみましょう。

<メラニンによるくすみ>

コントロールカラー オレンジ

メラニンによるくすみには、オレンジのコントロールカラーをおすすめします。

茶色いくすみが気になる部分に使ってカバーすると、若々しく明るい肌印象を与えてくれるでしょう。

<乾燥によるくすみ>

コントロールカラー イエロー

乾燥によるくすみには、イエローのコントロールカラーがおすすめです。

乾燥でグレーっぽくくすみ暗い印象の肌を明るく透明感のある肌に見せてくれます。

<古い角質によるくすみ>

コントロールカラー イエロー

古い角質によるくすみにも、乾燥によるくすみと同様、イエローのコントロールカラーを使いましょう。

イエローのコントロールカラーが、グレーっぽくくすんだ顔色を明るく健康的な肌に見せてくれます。

<血行が悪いことによるくすみ>

コントロールカラー ピンク

血行が悪いことによるくすみには、ピンクのコントロールカラーがおすすめです。

肌のくすみによって疲れて見える顔をカバーし、ふんわり色づかせることによって血色の良い女性らしい肌を演出してくれます。

<カルボニル化や糖化による黄ぐすみ>

コントロールカラーパープル

カルボニル化や糖化による黄ぐすみには、パープルのコントロールカラーがおすすめです。

黄色くくすんだ肌を、明るく透明感のある肌へとカバーしてくれるでしょう。

4.まとめ

肌のくすみには大きく5つの原因があり、その原因に合わせてお手入れすることが大切です。

まずは、自分がどのくすみにあてはまるのかを確認して対策していきましょう。

肌のくすみをあきらめるのではなく、正しいスキンケアなどをおこない、自慢したくなるような明るいハリツヤ肌を目指しましょう!

この記事は2016年11月01日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

おすすめの自社ホットクレンジング


miarii特別価格にて販売実施中

肌ナチュール炭酸クレンジングで、毎日のクレンジングが楽しみに!

炭酸泡タイプという珍しいタイプのホットクレンジングで、洗顔とクレンジングの機能を兼ね備えています。

肌に乗せると、泡から美容液状に変化し、ギュッギュッと優しくハンドプレスをして汚れとなじませます。

保湿成分であるセラミドや吸着型ヒアルロン酸やナノコラーゲン、プラセンタなどを始めとした美容成分がたっぷり配合されており、クレンジング後もしっとりとした洗い上がりです。

また、炭酸が肌をやわらげ、蓄積した古い角質などを落としやすくするので、くすみなどをやわらげ、明るい印象の肌へと導いてくれます。

そして、じんわりと肌を温める「温感作用」によって古い角質に吸着する炭酸の性質を温感作用がサポートし、肌の潤いは守りながら、さらに古い角質や毛穴の黒ずみ汚れを洗い落としやすくしてくれます。

寒さや乾燥でこわばった肌をじんわりと温めるので、クレンジング後のスキンケアが角質層へとぐんぐん浸透し、乾燥に負けない潤いに満ちた肌へ。

毎日のクレンジングでエステのような本格的炭酸美容ケアができる、おすすめの炭酸ホットクレンジングです。

商品をもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*