小鼻の黒ずみ原因は3つ!タイプ別毛穴対策ケアで憧れの素肌美人に!

小鼻 黒ずみ

ポツポツとした小鼻の黒ずみを見られている気がする…?

人と至近距離で話すとき、そう気になっている方も多いのではないでしょうか。

そんな小鼻の黒ずみ、なんとかしたいですよね。

黒ずみになってしまう原因を知って正しくお手入れしていきましょう! 

1.小鼻の黒ずみができてしまう原因とは?

小鼻の黒ずみは毛穴に角栓が詰まることでできるんだよね??とお考えのあなた!

実はそれ以外のことが原因という場合もあるのです!

ここでは小鼻の黒ずみを引き起こす3つの主な原因について説明します。

1-1.角栓の詰まりによる黒ずみ

小鼻 黒ずみ 角栓

小鼻の黒ずみを触ったときにざらついている場合は、詰まった角栓による黒ずみだといわれています。

角栓は古くなった角質が、余分な皮脂やメイクなどの汚れと混ざることでできたものです。

この角栓が毛穴に詰まったまま酸化すると黒くなり、小鼻の黒ずみとなります。

乾燥や摩擦で肌の調子が悪くなると、角栓の元となる古い角質は肌の表面に残りやすくなってしまいます。

1-2.メラニンによる黒ずみ

小鼻 黒ずみ メラニン

黒ずみがあっても表面がザラザラしていない場合は、メラニンによる黒ずみである可能性があります。

メラニンはシミの原因となる色素で、紫外線や摩擦などの肌への刺激によって生まれるものです。

そのため紫外線対策を怠ったり、肌に摩擦を与えたりするとこのタイプの黒ずみができやすくなります。

また鼻まわりは顔の中でも皮脂腺が多く、分泌される皮脂によって日やけ止めが汗に流れやすくなります。

そのため、小鼻は丁寧に紫外線対策をしなければ黒ずみになりやすい部分です。

1-3.産毛による黒ずみ

小鼻 黒ずみ 産毛

鏡でよくよく見てみると黒ずんだ毛穴から産毛が生えていることがあります。

その場合はその小さな産毛が黒ずみの原因です。

一本一本では目立たない産毛ですが、密集すると影がかかったように見えてしまいます。

2.スキンケアで小鼻の黒ずみ対策!

角栓、メラニン、産毛など、小鼻の黒ずみには様々な原因があり、その原因に合わせた方法でお手入れをしてあげなければいけません。

順番にご紹介するので見ていきましょう。

2-1.角栓による黒ずみのお手入れ

角栓が主な原因となる場合、スキンケアによってお手入れすることができます。

毎日のスキンケアに気を付けると同時に、週に1~2回のスペシャルなケアで角栓をすっきりさせていきましょう。

<毎日のスキンケア>

角栓 黒ずみ スキンケア

まずは毎日のスキンケアについてお話しします。

日々の中で気にするべきスキンケアとはすなわち、「正しい洗顔」です。

なぜなら洗顔方法に気を付けることで肌の乾燥を防ぎ、角栓の元となる古い角質を洗い落としやすくすることができるからです。

ここでは守ってほしいポイントを3つ紹介します。

洗顔のときに少し気を付けるだけなので、毎日続けていきましょう。

○ポイント1 もこもこの泡で洗顔する

顔を洗うときは、泡立てネットなどで洗顔料をしっかり泡立てて使います。

手で肌をこすらず、泡を転がすように洗うことを意識しましょう。

こすってしまうと摩擦で肌が乾燥し、角栓ができやすくなってしまいます。

○ポイント2 すすぐときはぬるま湯を使う

泡をすすぐときはぬるま湯を使いましょう。

30度~32度くらいの温度、触れてみて「少しぬるいかなー」と思う温度が目安です。

すすぐときも顔を洗うときと同じように、こすらず洗い流すように心がけてください。

○ポイント3 しっかり保湿する

洗顔をしてそのまま放置してしまうと、肌表面の水分が失われ乾燥してしまいます。

洗顔後は化粧水や美容液を使ってうるおいを与えましょう。

<週に1~2回のスペシャルケア>

角栓 黒ずみ スペシャルケア

毎日の洗顔だけでなく+αのスペシャルケアで黒ずみの元となる角栓をすっきりさせていきましょう。

やりすぎは肌に負担がかかり逆効果となるので、週に1~2回の頻度を守って行ってください。

◆1.炭酸水パック◆

炭酸水パック

炭酸水パックを使って黒ずみをきれいにしていきましょう。

黒ずみの原因となる古い角質はたんぱく質でできています。

炭酸にはたんぱく質に吸着する性質があると言われているので、炭酸水パックをすると古い角質を落としやすくすることが期待できます。

 ■用意するもの

炭酸水
コットン
お好みの化粧水・美容液

炭酸パックは洗顔で肌をきれいにした後に行ってください。

それでは実際に炭酸水パックを試してみましょう。

■炭酸水パックの手順

○ステップ1 コットンを炭酸水に浸す
○ステップ2 コットンを顔に乗せる
○ステップ3 普段通りの保湿をする

○ステップ1 コットンを炭酸水に浸す

常温の炭酸水にコットンを浸します。

ひたひたになるまでしっかり染みこませてください。

○ステップ2 コットンを顔に乗せる

小鼻の黒ずみが気になるところにコットンを乗せ、5~10分ほど待ちます。

○ステップ3 普段通りの保湿をする

コットンが乾ききる前に取り除き、普段通りのスキンケアで保湿を行ってください。

炭酸水自体には保湿の役割はありませんので、化粧水や美容液で肌にうるおいを与えてあげましょう。

【miarii編集部 おすすめ炭酸コスメ】
■肌ナチュール 炭酸クレンジング
肌ナチュール
>>肌ナチュール公式HPはこちら 
miarii特別価格で販売実施中

肌ナチュールメイクとともに古い角質や角栓を洗い落とし、黒ずみをすっきりさせる炭酸クレンジングです。

炭酸クレンジングが汚れを落とす

高濃度のシュワシュワした炭酸の泡が美容液状になり、古い角質による毛穴の汚れをきれいに洗い落とすことが期待できます。

泡で出てくるタイプなので使いやすく、毎日簡単に炭酸の魅力を味わうことができるアイテムです。

ヒアルロン酸やナノコラーゲンなどのうるおい成分も入っており、クレンジング後もしっとりとしたツヤ肌に仕上がります。

小鼻の黒ずみにお悩みの方にぜひ一度お試しいただきたいクレンジングです。

>>肌ナチュール 炭酸クレンジング
公式HP
はこちら
miarii特別価格で販売実施中

 

◆2.オイルマッサージ◆

オイルマッサージ

オイルマッサージをすることで肌をやわらげ、小鼻の汚れが浮きやすい状態になります。

 

 ■用意するもの

ベビーオイル(オリーブオイルでも可)
コットンまたはティッシュ

 

■オイルマッサージの手順

○ステップ1 オイルを手に取る
○ステップ2 小鼻の黒ずみにオイルを塗る
○ステップ3 優しくマッサージする
○ステップ4 オイルをふき取る
○ステップ5 ぬるま湯で洗顔する

○ステップ1 オイルを手に取る

オイルを手に取り、人肌くらいまで温めて肌になじみやすくします。

オイルの量は手に取って500円玉くらいの大きさになる量が目安です。

○ステップ2 小鼻の黒ずみにオイルを塗る

小鼻の黒ずみが気になる部分にオイルを塗って1分ほど待ちます。

オイルをなじませることで、古い角質や皮脂などの汚れが浮きやすい状態になります。

○ステップ3 優しくマッサージする

くるくると円を描きながら下から上に向かってマッサージしましょう。

力が入りすぎないよう薬指や小指の腹を使うのがポイントです。

1~2分ほどマッサージして指に細かい汚れが付着してきたらマッサージは終了です。

○ステップ4 オイルをふき取る

コットンかティッシュで軽く抑えてオリーブオイルをふき取りましょう。

あまり強くこすらないように注意してください。

○ステップ5 ぬるま湯で洗顔する

泡立てた洗顔料で顔を洗い、残ったオイルを流します。

少しぬるいと感じる程度のぬるま湯でしっかりすすいでください。

オイルが残ってしまうと肌への負担となってしまいます。

◆3.洗顔前に肌をやわらげる◆

蒸しタオル

洗顔の前に肌をやわらげることで毛穴の角栓などの汚れを洗い流しやすくすることができます。

毎日の洗顔にひと手間プラスするお手入れ方法です。

肌をやわらげる方法はいくつかありますが、ここでは蒸しタオルによる簡単な方法を紹介します。

 

■用意するもの

タオル(フェイスタオルくらいの大きさ)
電子レンジ

 

■蒸しタオルの手順

○ステップ1 タオルを濡らす
○ステップ2 レンジで温める
○ステップ3 広げてタオルを冷ます
○ステップ4 たたんで顔に乗せる

○ステップ1 タオルを濡らす

フェイスタオルくらいのサイズのタオルを水で濡らします。

温めた後に水滴が垂れるとやけどをする可能性があるので、垂れないように固く絞ってください。

○ステップ2 レンジで温める

ステップ1のタオルを筒状に丸めてレンジに入れ、500~600Wで1分ほど温めます。

熱くなっているので、取り出すときはやけどに気を付けてください。

○ステップ3 広げてタオルを冷ます

やけどに気を付けながらタオルを広げ、冷まします。

一回広げて再びたたむと大体ちょうどいい温度になるでしょう。

○ステップ4 たたんで顔に乗せる

冷ましたタオルを黒ずみの気になる部分に乗せましょう。

2~3分ほど経ったらタオルを外して終了です。

いつも通りの洗顔を行ってください。

2-2.メラニンによる黒ずみのお手入れ

黒ずみ メラニン スキンケア

すでにできてしまったメラニンの黒ずみを自分でお手入れするには時間がかかるといわれています。

黒ずみを防ぐために、メラニンを増やさないスキンケアが重要になります。

<洗顔>

メラニンが原因となる黒ずみを防ぐために角栓の場合と同じように肌に過度な刺激を与えない洗顔をしましょう。

気を付けるポイントも角栓の場合と同じなので、「2-1.角栓による黒ずみのお手入れ」を参考にしてください。

<UV対策>

UV対策

日焼け止めや日傘を使って肌を紫外線から守り、メラニンを生成しないようにしましょう。

小鼻は皮脂腺が多くせっかく塗った日焼け止めも流れてしまいやすいので、汗をかいたときにはこまめに塗りなおすのがポイントです。

また紫外線といえば夏のイメージがあるかと思いますが、実は紫外線は一年中降り注いでいます。

一見あまり紫外線が強くなさそうな秋・冬でもしっかり対策をしましょう。

<美白成分配合のスキンケア用品(※)>

肌 乾燥

アルブチンやエラグ酸などの美白成分配合(※)のスキンケア用品を使うのもメラニンによる黒ずみにお悩みの方にはおすすめです。

人によってどの美白成分(※)が肌に合うのかは異なるので、自分に合ったものを探してみてください。

■代表的な美白成分(※)

アルブチン
エラグ酸
トラネキサム酸
リノール酸
コウジ酸

 

※美白とは日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことです。

2-3.産毛による黒ずみのお手入れ

黒ずみ 産毛 スキンケア

産毛による黒ずみは、原因となっている産毛を剃ることで改善される可能性があります。

以前は毛を剃ると濃くなるといわれていましたが、毛の断面が大きくなり、濃く見えるだけで実際に濃くはなりません。

自分で剃る場合はI字かみそりなどを使ってお手入れしてください。

しかし小鼻は凹凸が多い部分なので、自分ひとりの力では剃り残してしまう可能性もあります。

その場合はレディースシェービング専門店や脱毛サロンなどで、プロの手を借りて処理してもらうのがおすすめです。

3.小鼻の黒ずみにつながる!NGお手入れ習慣

小鼻の黒ずみが気になるとき、ついつい気合を入れてお手入れしたくなりますよね。

でも実は、その丹念なお手入れが逆効果となることも。

ここではそんなNGお手入れ習慣を見ていきましょう。

3-1.角栓を押し出す

角栓 押し出す

指などで角栓をにゅっと押し出して毛穴のお手入れを行っている方もいることでしょう。

角栓を押し出すこと自体には問題はありません。

しかし、角栓を押し出したあとは毛穴が開いてしまい、乾燥しやすく汚れがたまりやすい状態です。

また不衛生な状態で角栓を取り出そうとすると、肌に雑菌がついて別の肌悩みの引き金となってしまいます。

そのため、角栓を指で押し出すのは控えましょう。

3-2.ごしごしと強い力で洗顔する

洗顔 ごしごし

角栓を取ろうとして強い力でゴシゴシと洗顔している方もいるかもしれません。

しかし、これも逆効果です。

洗顔のときに手でこすっても角栓はほとんど取れないでしょう。

そればかりか肌への強い摩擦でメラニン色素が発生し、メラニンによる黒ずみを一層目立たせてしまう可能性があります。

洗顔は泡を使って優しく行ってください。

4.生活習慣改善で黒ずみ肌をすこやかに!

角栓、もしくはメラニンが原因で黒ずみになってしまうのを防ぐために、生活習慣を見直すことも大切です。

生活習慣を整えると身体全体の調子がよくなり、肌もすこやかな状態に近づいていきます。

身体の内側から改善して、小鼻の黒ずみに悩まない肌を目指しましょう!

4-1.睡眠

睡眠

小鼻の黒ずみをできにくくするためには睡眠の質を上げることが大切です。

そのためにいくつか気を付けたいことがあります。

<就寝前にブルーライトを浴びない>

ブルーライト

就寝する1時間前からは極力スマートフォンやPCの画面を見ないようにしましょう。

ブルーライトを浴びると、眠りを促すホルモンであるメラトニンが減少するといわれています。

ですので、就寝前のブルーライトはできるだけ避けましょう。

どうしてもスマートフォンなどを使用しなければならないときは、ブルーライトカットのメガネやブルーライトをカットできるアプリなどを使用するのがおすすめです。

<深酒を避ける>

お酒

睡眠の質が低下するのでできるだけ深酒は避けましょう。

お酒を飲むとすぐに寝付くことができ、睡眠の質が上がるように感じる方もいるのではないでしょうか。

しかし実際はアルコールによって神経が一時的にマヒしている状態で、眠っていても身体がちゃんと回復できていないといわれています。

またアルコールの利尿作用で、トイレに行くために寝ている途中で起きてしまうことも肌にとってあまりよくありません。

しかしそうはいってもお酒を飲む機会はありますよね。

お酒を飲んだ日は、熱めのシャワーを短時間浴びてから就寝するのがおすすめです。

身体がアルコールを分解しやすくなるといわれており、睡眠の質が上がり翌日の目覚めもすっきりします。

<電気を消して就寝する>

照明

電気を付けたまま眠ると灯りが目への刺激となるので、睡眠が浅くなってしまいます。

ほのかな照明をつけて寝るのを習慣にしている方もいると思います。

しかし豆電球ほどの灯りでも睡眠の質を低下させるといわれているので、部屋を真っ暗にしてベッドに入るのがおすすめです。

どうしても灯りがほしい場合は、豆電球よりもかすかな光のフットランプなどを使うのがよいでしょう。

4-2.食事

食事

食生活を整えることで肌をすこやかに保つことができます。

ここではあまり食べすぎない方がよい食べ物を紹介するので、見ていきましょう。

<脂っぽい食事>

インスタント食品やスナック菓子などの油分の多い食べ物を食べすぎると、血液中の脂質が増えます。

すると皮脂の分泌量が増え、毛穴に汚れがたまりやすくなるといわれています。

そのため、脂っぽい食べ物の摂りすぎには注意しましょう。

<糖分の多いスイーツ>

甘くておいしい、作業のときには集中力を増してくれるスイーツですが、そんなスイーツも食べ過ぎには注意が必要です。

脂っこい食べ物と同じように皮脂の分泌量を増やしてしまい、小鼻の黒ずみを作る原因となる可能性があります。

おやつはほどほどにしておきましょう。

4-3.ストレス発散

社会人でも、学生でも、生きていればストレスはたまるものです。

しかし、ストレスがたまるとホルモンバランスが保たれず、皮脂の分泌が増えて肌に悪い影響が出てしまうことがあります。

ストレスをうまく発散しながら肌もこころもすこやかに保ちましょう。

<趣味>

読書

自分が集中できる趣味でストレスを軽減しましょう。

音楽を聴いたり、映画を観たり、本を読んだり…その時間は日々のいやなことなどを忘れて楽しんでください。

今これといった趣味がないという方は、新しく何かを始めてみるのもいいでしょう。

自分の知らない世界を知るだけでもストレスの解消につながるかもしれません。

小鼻の黒ずみが気になるしストレスもたまってるみたい…そう感じたら意識的に趣味にかける時間を作るよう心がけてみてください。

<深呼吸>

深呼吸

忙しい日々の中で趣味に使う時間なんてない!という方もいると思います。

そんなときはいつでも簡単にできる深呼吸を試してみてください。

しっかり意識しながら行うことで、なにげない深呼吸もストレス解消法になります。

○ステップ1 鼻から息を吸う

胸を動かさず、おなかが膨らむのをイメージしながら息を吸いましょう。

○ステップ2 口から息を吐きます

口をすぼめ、おなかがへこむのを確認しながら息を吐きます。

ここで息を吐ききることを意識してください。

 

することはたったこれだけです。これを3回から10回繰り返しましょう。

深呼吸しているときはそれ以外のことを考えず、頭をからっぽにすることでさらにストレスの軽減が期待できます。

4-4.運動

運動

一見関係ないようですが、運動と美肌にも実は大きな関係があります。

運動をすることで全身の血行をよくし、黒ずみのできにくいすこやかな肌を目指しましょう。

あまり運動に慣れていない方はウォーキングなどあまりつらさを感じない運動で十分です。

慣れてきたなと感じたらスピードを上げてみるなど、少しずつハードな運動を行ってみてください。

日々の生活の中に運動を取り入れてみましょう。

5.まとめ

気になる小鼻の黒ずみもタイプに合わせて正しくお手入れすることで目立ちにくくすることができます。

自分の小鼻の黒ずみの原因を理解して、ぜひここで紹介した方法を試してみてください。

 

この記事は2016年9月8日時点での情報になります。

また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

 

 

おすすめ自社クレンジング

炭酸クレンジング 画像
miarii特別価格にて販売実施中

炭酸泡タイプという珍しいタイプのクレンジングで、洗顔とクレンジングの機能を兼ね備えています

肌に乗せると、泡から美容液状に変化し、ギュッギュッと優しくハンドプレスをして汚れとなじませます。

美容液状になることで毛穴の中に入り込み、肌に負担をかけずに汚れを吸着してしっかりと落とします。

保湿成分であるセラミドや吸着型ヒアルロン酸やナノコラーゲン、プラセンタなどを始めとした美容成分がたっぷり配合されており、クレンジング後もしっとりとした洗い上がりです。

また、炭酸が肌をやわらげ、蓄積した古い角質などを落としやすくするので、くすみなどをやわらげ、明るい印象の肌へと導いてくれます。

クレンジングだけではなく、炭酸パックや洗顔料、角質ケア、マッサージケア、トリートメントなど1本で6つの機能を持っているため、おすすめのクレンジングです。

商品をもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*