クレイ洗顔が毛穴ケアにおすすめ!効果的な使い方や手作り方法

クレイ洗顔

「最近よく聞くけどクレイ(泥)洗顔って一体なんなの?」とお思いのあなた!

クレイ洗顔には普通の洗顔料と違う魅力があるのです!

そんなクレイ洗顔の魅力と使い方、そして手作り方法などを紹介していきます。

 

1.クレイ洗顔とは ?

クレイ洗顔とは

クレイ洗顔とは、その名前の通り泥(=クレイ)を含んだ洗顔料を使う洗顔方法です。

しかし、泥といってもただの泥ではありません。

クレイ洗顔に使われる泥の多くはミネラル分が多く含まれた天然の粉状粘土です。

天然の泥なので、バリエーションも豊富なところが魅力だといわれています。

またモコモコと泡立つものから、あまり泡立たないものがあるのも特徴です。

形状もクリームタイプから固形石鹸タイプなどいろいろあります。

2.クレイ洗顔の魅力

クレイ洗顔にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは主な3つの魅力をお伝えします。

2-1.毛穴の汚れをすっきり

毛穴汚れすっきり

クレイ洗顔は毛穴につまった汚れを洗い流しやすくしてくれます。

天然クレイはイオンの働きによって汚れに吸着するといわれており、毛穴の汚れにも吸着します。

そのため、毛穴の汚れによるニキビや黒ずみ汚れに悩んでいる方におすすめの洗顔料です。

2-2.ミネラルで保湿

ミネラルで保湿

クレイにはミネラルが含まれていて、ミネラル粒子が水を含むと膜を作り、水分の蒸発を防いでくれるといわれています。

そのため洗顔をしながら乾燥を防いでくれる、というのもクレイ洗顔の魅力のひとつです。

2-3.クレンジングとして化粧を落とす

クレイ クレンジング

クレイ洗顔はクレンジングとしても使うことができます

粉状粘土は粒の表面に見えない穴がたくさん開いている、「多孔質(たこうしつ)」という特徴をもっています。

この穴に水や油分が入り込みやすいため、ナチュラルメイクなら落とすことができるといわれています。

「2-2.ミネラルで保湿」で紹介したとおり、クレイ洗顔には洗い上がりをしっとりさせるので、クレンジング後も肌にしっとり感を与えてくれます。

3.クレイ洗顔をよりよく使うために

ここではよく使われるクレイの種類とクレイ洗顔をおこなう際に気を付けてほしいことをご紹介します。

もっと詳しくなってよりよいクレイ洗顔ライフを満喫しましょう!

3-1.クレイ洗顔料の選び

クレイ洗顔料の選び方

クレイの魅力をより実感してもらうために、代表的な4種類のクレイとそれぞれの異なる魅力をご紹介します。

自分の肌悩みに合わせて選んでみてください。

【クチャ(マリンシルト)】

カルシウムやミネラルが豊富に含まれていて、肌に栄養を届けるクレイです。

日本の泥岩の中では高い吸着力をもっているといわれています。

沖縄でのみ採れるクレイで、現地では琉球王国の時代から洗顔や洗髪に使われてきたと伝えられています。

【カオリン】

中国の高陵で発見されたクレイで、粒子が小さいという特徴があります。

皮脂を吸収する働きや、古い角質による肌のくすみをやわらげる働きがあるといわれています。

カオリンの中でもホワイトカオリンは分子が細かいので、なめらかな肌触りの種類です。

【モンモリロナイト】

フランスのモリオ火山をはじめ世界各地で採掘できるクレイです。

保湿成分を保持しやすく、洗い上がりがしっとりするクレイだといわれています。

クレオパトラもこのクレイをパックとして使っていたと伝えられています。

【ガスール】

北アフリカのモロッコで採れるクレイです。

洗浄力、保湿力ともに高いといわれ、ペースト状にするとボディソープとしてもシャンプーとしても使えます。

 

またどの種類でも、クレイの配合量が多いものを選んだ方がクレイの魅力を実感しやすくなります。

化粧品の成分表示は配合量が多い順に記載されているので、配合成分の順番を確認するのがおすすめです。

3-2.クレイ洗顔の注意点

クレイ洗顔 注意点

クレイは天然成分です。

しかし、クレイの種類にもよっても異なりますが汚れや皮脂を落とす力が強い分、使い続けると肌に負担がかかってしまう場合があります。

商品の使用方法を守り、肌の負担にならないように、週に1~2回のスペシャルケアとしてクレイ洗顔をおこなうのがよいでしょう。

また、肌に合うかが不安な方は実際にクレイ洗顔をする前に、二の腕の内側に洗顔料を乗せるパッチテストをおこなって確かめるのがおすすめです。

4.手作りクレイ洗顔2選

「クレイ洗顔に興味はあるけどお金がかかりそうだし気軽に試せないかも…」

そう感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも実は、クレイと他の材料があれば簡単に手作りでき、安い費用でクレイの魅力を味わうことができます!

この章では簡単な手作り方法を2つ紹介します。

4-1.クレイ洗顔の作り方

クレイ洗顔 手作り

■用意するもの

お好みのクレイ(大さじ2杯ほど)

グリセリン(大さじ1杯ほど)

フローラルウォーターもしくは精製水 適量

適当なガラス製容器

※フローラルウォーターとは、精油を作る過程で生まれる副産物で、水溶性の美容成分が含まれた香りのある液体です。

 

では実際に作ってみましょう。

【ステップ1】
クレイとグリセリンを混ぜる

ガラス製容器にクレイとグリセリンを入れ、粉が飛ばないように混ぜてください。

プラスチックや金属の容器だとクレイに浸食されてしまう可能性があるので、ガラス製の容器を使うようにしましょう。

【ステップ2】
フローラルウォーターを加える

【ステップ1】にフローラルウォーター、なければ精製水を入れます。

ペースト状になるまで加えてください。

塩素が入っている水道水で代用するとクレイの吸着力が落ちてしまうようなのでおすすめできません。

 

これで完成です。

お好みでエッセンシャルオイルを入れてアレンジしてもよいでしょう。

使うときはクレイ洗顔をパックのように顔に塗って、ぬるま湯ですすいでください。

作った洗顔料は1週間程度使うことができますが、保管する場合は密封して冷蔵庫で保管してください。

保存するときもガラス製の容器を使いましょう。

4-2.【簡易版】クレイ洗顔の作り方

クレイ洗顔 手作り 簡易版

もっと簡単に作りたい方にはこちらがおすすめです。

■用意するもの

お好みのクレイ 3~5g

洗顔フォーム

 

作り方は本当に簡単です。

いつものように洗顔フォームを泡立て、そこにクレイを混ぜます。

たったこれだけで完成です。

この方法なら日によってクレイを使うかどうか決められるので、肌が敏感になりがちな方も、肌の調子に合わせて取り入れることができます。

5.毛穴汚れにお悩みの方におすすめしたい洗顔方法

毛穴汚れが気になる方におすすめしたいクレイ洗顔ですが、クレイ以外にも毛穴の汚れを洗い落としやすい洗顔方法が存在します。

いくつか紹介するので見ていきましょう。

5-1.炭酸洗顔

炭酸洗顔

炭酸洗顔は、炭酸の特徴を活かした洗顔方法で、毛穴汚れが気になる方に特におすすめです

炭酸にはたんぱく質と吸着する性質があるといわれています。

毛穴に詰まる角栓の70%はたんぱく質でできた古い角質です。

そのため、炭酸は角栓に吸着し、浮かせやすくしてくれるといわれています。

 

肌ナチュールは毛穴汚れにお悩みの方におすすめしたい炭酸泡洗顔フォームです。

ノズルをプッシュするとモコモコの高濃度炭酸泡が出てきます。

そのため泡立てる必要がなく、忙しい朝でも手軽に毛穴汚れを洗い落とすことができるアイテムです。

また名泉・出雲温泉の温泉水を使って作られているので、洗顔をしながら肌のキメを整え、ツヤとハリを与える仕上がりになっています

濃密炭酸洗顔フォームのしっとりとした洗い上がりを、ぜひ感じてみてください。

ホイップ洗顔画像

>>肌ナチュール炭酸洗顔フォーム
商品公式サイトはこちら

5-2.酵素洗顔

酵素洗顔

酵素はたんぱく質を分解することができるといわれている成分です。

そのため酵素を使った酵素洗顔は、角栓などの毛穴のたんぱく質汚れにお悩みの方におすすめしたい洗顔方法です。

代表的な酵素として、パパイヤ由来のパパイン酵素とパイナップル由来のパイン酵素の2種類があります。

酵素洗顔料として販売されているものの多くはパパイン酵素が用いられています。

また酵素洗顔は肌への負担がかかることもあるので、パッケージなどに記載されている使用頻度や使い方を守りましょう。

5-3.黒炭洗顔

黒炭洗顔

成分に炭を配合している黒炭洗顔料も毛穴の汚れ対策におすすめです。

炭にはクレイと同じように目に見えない細かい穴がたくさん開いています。

その穴が汚れを吸着してくれるため、毛穴の汚れまで洗い流しやすいといわれています。

黒炭洗顔は、肌に触れたときにつぶつぶがわからないくらい粒子が細かいものの方が、肌への負担が少ないためおすすめです。

5-4.重曹洗顔

重曹洗顔

重曹洗顔は弱アルカリ性の成分である重曹を含んだ洗顔料でおこなう洗顔方法です。

アルカリ性の成分は酸性の物質を中和させることができます。

そのため重曹入りの洗顔で、酸化した毛穴の汚れを中和させ洗い流すことができるといわれています。

重曹洗顔は市販のものもありますが、洗顔の際に泡に重曹を混ぜることでも近い作用を期待できます。

その場合は、肌に負担がかからないよう毎日の使用は控えましょう。

6.毛穴の汚れをためないスキンケア

「毛穴の汚れがすぐに気になっちゃうなぁ…」と感じている方、実は普段の洗顔方法を見直す必要があるかもしれません。

ここでは今日から使える、毛穴汚れや黒ずみを予防する洗顔のコツを紹介します。

大事なスキンケアポイントは4つです。

ポイント1.洗顔前に手を洗

手洗い

見逃しがちかもしれませんが、洗顔前には手を洗うことが重要です。

普通に生活をしていても、人の手には知らず知らずのうちに雑菌がついてしまいます。

そのままの手で洗顔をすると、本来は肌にいいはずのケアが逆効果となってしまうことも。

洗顔前には忘れずに手を洗いましょう。

ポイント2.泡立てて洗顔する

泡立て

洗顔料をしっかり泡立ててから洗顔しましょう。

モコモコの泡で洗顔することで泡が汚れを吸着して洗い落としやすくなります。

また泡を転がすように洗うことで、肌への摩擦も防げるので一石二鳥です。

洗顔料を泡立て、肌をこすらないように洗顔しましょう。

ポイント3.短時間で洗顔をおこなう

 

洗顔 短時間

洗顔は1分以内に済ませましょう。

洗顔料は長い時間肌に触れていると、肌に負担をかける原因になってしまいます。

そのため泡を顔に乗せてから1分以内にすすぐようにしましょう。

また洗顔と同じように、クレンジングも手早く済ませるのを心がけてください。

ポイント4.洗顔後はすぐに保湿する

洗顔後はすぐに保湿

洗顔後、すぐに保湿を行わずに放置してしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし洗顔で汚れや皮脂が洗い流されると、肌は一時的に乾燥しやすい状態になってしまいます。

そのため、洗顔後はすぐに化粧水や美容液を使って肌にうるおいを与えてあげましょう。

お風呂で洗顔する方などは難しいかもしれませんが、できるだけ洗顔後3分以内に保湿を行うのが理想的といわれています。

7.まとめ

クレイ洗顔への興味が増してきたでしょうか?

毛穴汚れにお悩みの方はぜひ一度試してみてください。

そして毛穴汚れに悩まされないすっぴん美人を目指しましょう!

 

この記事は2016年9月12日時点での情報になります。

また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

 

 

おすすめの自社洗顔料

ホイップ洗顔画像

ホイップクリームのような濃厚炭酸泡が出てきます。肌になじませることで炭酸泡が汚れに吸着し、浮かせて落とすため、肌への摩擦を軽減できます。

また、炭酸は肌をやわらげてくれるので、ゴワゴワとした肌にハリ・ツヤを与えてくれることや、化粧水や美容液などを肌の角質層まで浸透しやすくしてくれることが期待できます。

こだわりの自然派美容成分やヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が贅沢に配合されているため、洗顔後もうるおいが続きます。

また、出雲の温泉水を使用するなど配合する成分にこだわり、合成香料や合成着色料などは使用していません。

摩擦をできるだけ抑えて肌に負担をかけずに不要な汚れを落とし、化粧ノリが良いスッキリした肌へと導いてくれるのでおすすめです。

商品についてもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*