クレンジングとは?洗顔との違いを知ってスキンケア方法を極める!

クレンジングとは

女性なら毎日行うクレンジングですが、実はクレンジングの意味や役割、洗顔との違いがわからない人もいるのではないでしょうか?

クレンジングと洗顔には美肌作りをするうえで、それぞれに重要な役割があります。

また、クレンジングは美肌を目指すうえでとても大切なスキンケアと言われており、間違ったクレンジング方法は肌に負担をかけてしまう可能性があります。

そこで今回はクレンジングの役割と洗顔との違い、正しいクレンジングの方法についてご紹介するのでぜひチェックしてみてください。

1.クレンジングとは?

女性 疑問

クレンジングとはどういうものなのか、洗顔との違いなどについて改めて確認しましょう。

1-1.クレンジングとは?

%e5%a4%a7%e4%ba%ba%e3%83%8b%e3%82%ad%e3%83%93%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%82%a25

クレンジングとは、メイクなどの油溶性の汚れを落とすためのものです。

そのためメイクをしたり、日焼け止めなどを塗った日はクレンジングをする必要があります。

油性の汚れは水で洗い流そうとしても、油が水を弾いてしまうので、なかなか落とせません。

クレンジングには、界面活性剤という水と油分をなじませるための成分が含まれています。

この界面活性剤が含まれている量によって、メイクなどの汚れを落とす力やクレンジング料の形状などが変わるのです。

そのため、クレンジングにはオイルタイプやクリームタイプなど様々な形状のものがあります。

1-2.クレンジングと洗顔の違い

クレンジング洗顔(イラスト)

クレンジングと洗顔には、スキンケアにおいてそれぞれ大切な役割があります。

クレンジングの役割はさきほどもご説明した通り、メイクなどの油溶性の汚れを落とすことです。

洗顔の役割は、不要な角質や余分な皮脂、ホコリなどの水溶性の汚れを落とすことです。

クレンジングと洗顔、どちらかのみではきちんと汚れを落とすことが出来ず、さまざまな肌悩みなどをもたらしてしまう可能性があります。

そのため、メイクをした日はクレンジングでメイクを落としたうえで、ホコリや余分な皮脂、不要な角質などの汚れを洗顔で落とす必要があるのです。

このようにクレンジングの後に洗顔をおこなうことをダブル洗顔と言います。

最近では、クレンジングと洗顔2つの役割を担う商品も出ていますが、それは油溶性の汚れと水溶性の汚れを一度に落とすことができるクレンジングということです。

2.クレンジングの種類

クレンジングの種類

クレンジングには様々な形状のものがあります。

たくさんあるのでどれを選べばいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

クレンジングは種類によってそれぞれの特徴が違います。

そのため、その日のメイクの濃さなどによって選び、使い分けることをおすすめします。

それぞれの特徴について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

2-1.オイルクレンジング

クレンジングオイル
オイル状のクレンジングで、オイルとメイクをなじませ、白く乳化をさせてから落とします。

比較的クレンジングの中でも濃いメイクもスッキリと素早く落とすことができ、メイクを落とす力が強く、さっぱりとした使用感です。

そのため、しっかりと濃いメイク(ウォータープルーフの日焼け止めやウォータープルーフファンデーション、リキッドファンデーションなど)をした日などにおすすめです。

2-2.ジェルクレンジング

水
ジェル状のクレンジングで、テクスチャーが柔らかいので、メイクとなじませる際に肌への摩擦を軽くでき、さっぱりとした使用感です。

ジェルクレンジングのなかでも2種類に分けられ、オイルフリーのタイプとオイルインのタイプがあります。

オイルフリーのタイプは、マツ毛エクステのグル―を溶かす成分が少ないので、マツ毛エクステをしている方でもお使いいただけます。

オイルインのタイプはメイクを落とす力がオイルフリーより強いので、メイクが濃いときにはオイルインがおすすめです。

2-3.クリームクレンジング

クレンジングクリーム
クリーム状のクレンジングです。

クリームがクッションとなり、肌への摩擦を抑え、必要な潤いを保ちつつ、メイクを落とすことができます。

通常のメイクの濃さ(パウダーファンデーション・リキッドファンデーションなど)であれば落とせると言われており、乾燥などが気になる方におすすめのクレンジングです。

2-4.ミルククレンジング

ミルククラウン
ミルクをベースにしたクレンジングです。

オイルクレンジングなどに比べるとメイクを落とす力は和らぎますが、潤いを残しながらメイクを落とせます。

パウダーファンデーションやフェイスパウダーなどのナチュラルメイクの日などにおすすめのクレンジングです。

3.クレンジングの正しい方法

クレンジングの正しい方法

正しいクレンジング方法をご紹介します。

クレンジング方法が間違っていると肌に負担をかける原因となることもあります。

改めてクレンジング方法が間違っていないか見直してみましょう。

3-1.クレンジング前の下準備

■クレンジングの前に手を洗い、清潔にする

手を洗う
手が汚れたままだと雑菌などを肌に広げることになってしまいます。

ハンドソープなどで手を洗い、清潔にするようにしましょう。

■専用リムーバーでポイントメイクを先に落とす

ポイントメイクを先に落とす
メイクをすべて一度で落とそうとすると濃いアイメイクや口紅などデリケートな部分を強く擦ってしまいがちです。

肌に負担をかけないためにも、できるだけ目元や口元のポイントメイクは専用のリムーバーで先に落としておくことをおすすめします。

3-2.正しいクレンジング方法

①クレンジングを適量出して使う

クレンジングを適量出して使う
クレンジングは必ず記載されている使用量を確認し、適量を使います。

クレンジングの量が少ないと肌を擦ってしまい、負担となる可能性があるので気を付けましょう。

②Tゾーン(おでこ、鼻)から頬、目や口元などの順番でクレンジングをなじませる

T-ゾーンからクレンジング
まずはTゾーンからクレンジングをなじませて、次に頬を優しく洗います。

目元や口元は皮膚が薄くデリケートなので、軽く押さえるようになじませましょう。

②ぬるま湯(30度から32度くらい)ですすぐ

ぬるま湯ですすぐ
お湯の温度が熱すぎると、肌にとって必要な皮脂まで一緒に落としてしまい、乾燥の原因となる場合があります。

毛穴から余分な皮脂が浮き出すのが、大体30~32度くらいだと言われています。

触った時にぬるいなと感じる程度を目安に温度調整をするよう心掛け、生え際まできちんとすすぎましょう。

③清潔なタオルでこすらずに優しく水気をとる

清潔なタオルで優しく水気を取る
ゴシゴシと力強く擦るように肌を拭くと、摩擦により肌に負担がかかる可能性があります。

清潔なタオルを優しくポンポンと肌に当てて、水気を吸収させるように拭きましょう。

【miarii編集部おすすめのクレンジング】
肌ナチュール 炭酸泡クレンジング

肌ナチュール リッチモイストクレンジング

>>肌ナチュール 炭酸クレンジング公式HPはこちら
miariiからなら特別価格で販売中 

肌ナチュール炭酸クレンジングは炭酸泡タイプという珍しいタイプのクレンジングで、洗顔とクレンジングの機能を兼ね備えています

肌に乗せると泡から美容液状に変化し、ギュッギュッと優しくハンドプレスをすることで汚れとなじませていきます。

炭酸クレンジングが汚れを落とす

美容液状になることで毛穴の中に入り込み、優しくなじませて洗うことでメイク汚れや毛穴汚れなどを吸着し、しっかりと落とします。

ヒト型セラミドや吸着型ヒアルロン酸、ナノコラーゲンやプラセンタなどの保湿美容成分も豊富に含まれています。

クレンジング後も、しっとりとした洗い上がりで肌に潤いが残るのでその後のスキンケアを忘れてしまいそうになる程の使用感です。

見て下さい!このハリ・潤い!

日々のキレイに、スキンケアが楽しみになる肌ナチュールを、一度お試しください。

>>肌ナチュール炭酸クレンジング
公式HPはこちら

miariiからなら特別価格で販売

4.まとめ

クレンジングとは、水溶性の汚れを落とすための洗顔と違い、油溶性のメイク汚れなどを落とすためのものです。

洗顔との役割が異なるので、メイクをした日などには欠かせないスキンケアとなっています。

クレンジングは、その日のメイクの濃さに合わせて選び、正しいクレンジング方法をおこなうことが大切です。

クレンジングを正しくおこない、日々のスキンケアを大切にすることで誰もが憧れる美肌を目指しましょう。

 

記事の内容には個人差がございますので、ご了承願います

おすすめ自社クレンジング

炭酸クレンジング 画像
miarii特別価格にて販売実施中

炭酸泡タイプという珍しいタイプのクレンジングで、洗顔とクレンジングの機能を兼ね備えています

肌に乗せると、泡から美容液状に変化し、ギュッギュッと優しくハンドプレスをして汚れとなじませます。

美容液状になることで毛穴の中に入り込み、肌に負担をかけずに汚れを吸着してしっかりと落とします。

保湿成分であるセラミドや吸着型ヒアルロン酸やナノコラーゲン、プラセンタなどを始めとした美容成分がたっぷり配合されており、クレンジング後もしっとりとした洗い上がりです。

また、炭酸が肌をやわらげ、蓄積した古い角質などを落としやすくするので、くすみなどをやわらげ、明るい印象の肌へと導いてくれます。

クレンジングだけではなく、炭酸パックや洗顔料、角質ケア、マッサージケア、トリートメントなど1本で6つの機能を持っているため、おすすめのクレンジングです。

商品をもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*