スキンケアの秘訣はクレンジング!絶対知りたいおすすめクレンジング

男ウケ メイク

「おすすめのクレンジングが知りたい!」とクレンジングをお探しではないですか?

クレンジングはスキンケアの中でも美肌を目指すうえで、重要です。

なぜならクレンジングでメイク汚れなどをきちんと落とせていないと、その後の化粧水や美容液が角質層まで浸透せず、その魅力が半減してしまうからです。

そこで今回はクレンジング選びのポイントとおすすめのクレンジングをご紹介します。

ぜひ参考にして貴女にぴったりのクレンジングを見つけましょう。

1.美肌を目指すおすすめクレンジング選びのポイント

おすすめ クレンジング
こちらではクレンジングを選ぶ3つのポイントをご紹介します。

ぜひ参考にして自分に合ったクレンジングを選びましょう!

1-1.肌質に合ったクレンジングを選ぶ

クレンジングの洗浄力についての図
クレンジングは自分の肌質に合ったものを選ぶことをおすすめします。

クレンジングには水とメイク汚れである油分をなじませるために界面活性剤という成分が入っています。

界面活性剤はクレンジングにとって欠かせない成分ですが、洗浄力が強いとメイク汚れと共にお肌に必要な油分や水分まで落としてしまうことがあると言われています。

そのため、乾燥が気になる方は、クリームタイプやミルクタイプなどの洗浄力があまり強すぎないものを選ぶのがおすすめです。

1-2.ライフスタイルに合わせてクレンジングを選ぶ

%e3%83%8a%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%af%e3%80%80%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bc%94

クレンジングはライフスタイルに合わせて選ぶこともポイントのひとつです。

たとえば疲れた日やジムなどでは洗顔とクレンジング両方おこなうのが面倒ということもありますよね。

そのほかにも旅行先やお泊りの際などには荷物を減らしたいということもあります。

そんなときには、手軽に使えるクレンジングと洗顔の役割を1本で果たすタイプや洗い流し不要タイプのクレンジングなどがいいでしょう。

またクレンジングはその日のベースメイクの濃さに合わせて選ぶことも大切です。

しっかりメイクをした日は洗浄力が高いもの、ナチュラルメイクの日は洗浄力が強すぎないものなど使い分けるとお肌への負担も軽減できるでしょう。

1-3.肌摩擦を軽減するテクスチャーのクレンジングを選ぶ

水

クレンジングはテクスチャーがクッションの役割を果たしてくれるものがおすすめです。

クレンジングを肌になじませる際につい力が入ってしまうようなテクスチャーだと、強く擦ることで摩擦が起き、肌に負担をかける可能性があります。

肌への摩擦は乾燥などの肌悩みを引き起こす原因のひとつとなってしまうので、気を付けましょう。

2.キレイになりたい方必見!おすすめクレンジング

こちらでは前述を踏まえた上で、ぜひおすすめしたいクレンジングをご紹介します。

【miarii編集部おすすめクレンジング】
 ■肌ナチュール 炭酸美容液クレンジング

肌ナチュール 炭酸クレンジング

>>肌ナチュール炭酸クレンジング 公式商品サイトはこちら
miarii特別価格にて販売実施中 

肌ナチュールは炭酸クレンジングです。

高濃度炭酸の泡が出てきて、肌になじませるとシュワシュワと美容液状にテクスチャーが変化します。

smp_h_cle_v7_06h_01

肌になじませると汚れに吸着し、優しく撫でるだけでしっかりとメイク汚れなどを落とします

またそれだけでなく、洗い上がりのしっとりとした潤い感にもこだわり、セラミドや吸着型ヒアルロン酸などの保湿成分をたっぷりと配合。

乾燥や毛穴汚れが気になる方などには、特におすすめしたいクレンジングです。

洗顔とクレンジングの役割を1本で果たしてくれるので、忙しいときやジム、旅行先など様々なシーンで活躍してくれます。

>>肌ナチュール炭酸クレンジング
公式商品サイトはこちら

miarii特別価格にて販売実施中

3.美肌を目指す!クレンジングのポイント

導入美容液 女性

肌に合うクレンジングを使っていても、やり方が間違っていると肌に負担をかけてしまう場合があります。

スキンケアの基本であるクレンジング方法のポイントを確認して、普段のクレンジングを見直してみましょう。

3-1.クレンジングは適量出して使う

クレンジングを適量を出すイラスト
クレンジングの量が少ないと肌になじませる際に摩擦が起きて、肌に負担をかけてしまう可能性があります。

必ず商品に記載されている使用量を確認して、適量を使うように意識しましょう。

3-2.クレンジングは優しく指先で肌へなじませる

クレンジングをなじませるイラスト
汚れを落とそうとゴシゴシと強く擦ってしまうと、摩擦によって肌を傷つけてしまう場合があります。

できるだけ肌を撫でるように優しくなじませるようにしましょう。

3-3.ぬるま湯(30度から32度くらい)ですすぐ

ぬるま湯ですすぐイラスト
お湯の温度が熱すぎると、肌にとって必要な皮脂まで一緒に落としてしまい、乾燥の原因となる場合があります。

毛穴から余分な皮脂が浮き出すのが、大体30~32度くらいだと言われています。

触った時にぬるいなと感じる程度を目安に温度調整をし、すすぎ残しがないよう生え際まできちんとすすぎましょう。

4.クレンジングが重要な理由

クレンジングをした肌としていない肌の違い
クレンジングはメイクや汚れなどを落とすという重要な役割を担っています。

メイク汚れがきちんと落ちていないと、どれだけ高級な化粧水や美容液などの基礎化粧品を使ってもなかなか満足のいく結果は得られません。

なぜなら、汚れが落ちていないお肌に化粧水などをつけても、汚れが邪魔をして角質層まで有用成分などが行き届かないからです。

このように正しいクレンジングでメイクや汚れを落とすことは美肌を目指すうえで重要なので、きちんと選んで良いものを使いましょう。

5.まとめ

クレンジングは美肌を目指すうえで、スキンケアの中でも重要なファーストステップです。

自分の肌に合ったクレンジングを選び、正しいクレンジング方法でメイク汚れを落とすことが大切です。

メイクをしてキレイになった後は、必ずクレンジングで素肌を清潔に保ち、すっぴんでも自信を持てる美肌美人を目指しましょう。

 

おすすめ自社クレンジング

炭酸クレンジング 画像
miarii特別価格にて販売実施中

炭酸泡タイプという珍しいタイプのクレンジングで、洗顔とクレンジングの機能を兼ね備えています

肌に乗せると、泡から美容液状に変化し、ギュッギュッと優しくハンドプレスをして汚れとなじませます。

美容液状になることで毛穴の中に入り込み、肌に負担をかけずに汚れを吸着してしっかりと落とします。

保湿成分であるセラミドや吸着型ヒアルロン酸やナノコラーゲン、プラセンタなどを始めとした美容成分がたっぷり配合されており、クレンジング後もしっとりとした洗い上がりです。

また、炭酸が肌をやわらげ、蓄積した古い角質などを落としやすくするので、くすみなどをやわらげ、明るい印象の肌へと導いてくれます。

クレンジングだけではなく、炭酸パックや洗顔料、角質ケア、マッサージケア、トリートメントなど1本で6つの機能を持っているため、おすすめのクレンジングです。

商品をもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*