洗顔泡立て美容法!誰でも簡単ネット要らずの泡立て方法を伝授!

洗顔 泡立て

洗顔の時に、泡立てたほうがいいって聞くけどついついめんどくさかったり、うまく泡立たなくてそのまま洗顔してしまったりしていませんか?

洗顔はしっかりと泡立てることで、肌の汚れを吸着したり、洗顔時の肌摩擦を軽減してくれます。

しっかりと泡立てずに洗顔してしまうと肌への摩擦となり、洗顔料の魅力も十分に引き出せない可能性があります。

そこで今回は覚えてしまえば簡単な洗顔の正しい泡立て方法について紹介します。

1.洗顔の正しい泡立て方法

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s-e1451960022290

もっちりとした泡をつくる洗顔の正しい泡立て方法について紹介します。

簡単にできるのでぜひ参考にして、もちもちの泡で洗顔する気持ちよさを体験してみてください。

正しい洗顔泡立て方の3ステップ
①洗顔料(適量)を手のひらに広げる
②お湯(2、3滴ほど)を手のひらに優しく広げる
③手のひらをお椀の形にして泡立てる

①洗顔料(適量)を手のひらに広げる

洗顔 泡立て

商品に記載された適量の洗顔料を手のひら全体に広げます。

適量より少ない量だとうまく泡立たずに肌への摩擦となる可能性があるため、適量をきちんと使用するようにしましょう。

②お湯(2、3滴ほど)を手のひらに優しく広げる

DSC_0033

洗顔料を広げた手を少し窪ませて2、3滴程度のお湯を垂らし、力を入れずに窪ませた手と逆の手で、手のひら全体に優しくなじませます。

これを2、3回繰り返すとだんだんと表面が泡立ってきます。

手のひらをお椀の形にして泡立てる

DSC_0034

手のひらをお椀の形にして泡を集め、2、3滴のお湯を加えてお椀と逆の手で泡をかき混ぜます。その際に泡をつぶさないようにかき混ぜるのがポイントです。

これを2、3回繰り返すとキメ細かい泡ができます。

DSC_0035

それでも忙しくて時間がない、泡で出てくる洗顔があるといいのになと思っている方におすすめの洗顔料を紹介します。

【miarii編集部おすすめの泡洗顔料】
■肌ナチュール 炭酸泡洗顔料

>>肌ナチュール炭酸洗顔フォーム公式HPはこちら

肌ナチュール炭酸洗顔フォームはホイップクリームのようなキメの細かい濃厚炭酸泡が出てきます。

炭酸クレンジングが汚れを落とす

肌になじませることで炭酸泡が汚れに吸着して汚れをしっかりと落とします。

肌いっぱいにモコモコ泡が広がるため、お肌をやさしく包み込んでくれます。

%e7%82%ad%e9%85%b8%e6%b4%97%e9%a1%94%e3%80%80%e5%8f%a4%e3%81%84%e8%a7%92%e8%b3%aa

また、炭酸は肌をやわらげ、乾燥や古い角質などによって硬くこわばってしまった肌を優しくほぐします。

そのため、次に使う化粧水や乳液などを角質層まで浸透しやすくしてくれます。

ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が贅沢に配合されているため、洗顔後の乾燥も防ぎ、しっとりとしたうるおいが続きます。

また、出雲の温泉水を使用するなど配合する成分にこだわり、合成香料や合成着色料などは使用していません。

摩擦をできるだけ抑えて肌に負担をかけずに、しっかりと汚れを落としてくれるので、ぜひ1本持っておきたい泡で出てくる洗顔料です。

>>肌ナチュール炭酸洗顔フォーム公式HPはこちら

2.正しい洗顔方法

e1474015747716

せっかくしっかりと泡立てて洗顔をしても方法が間違っていると、肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

あらためて正しい洗顔方法について見直してみましょう。

■洗顔料をよく泡立てる

13
肌への負担を軽減させるため、洗顔料をよく泡立てて汚れを擦るのではなく、浮かせるように優しく肌になじませましょう

■Tゾーンから、頬、目や口などの順番で洗う

14
まずはクレンジング同様、比較的皮脂が多いTゾーン(おでこ、鼻)から洗い、次に頬を優しく洗いましょう。

目や口周りは最後に洗います。

目や口周りは皮膚が薄くデリケートなため、泡をのせてなじませ、ゴシゴシとこすらないように気を付けましょう。

■素早くなじませてぬるま湯(30~32度程度)でしっかりと落とす

17
洗顔は大体1分から1分半程度で、汚れが落ちるので素早くなじませて擦らないように落としましょう。

長時間、洗顔料をのせて洗っていると肌への負担が大きくなり、乾燥などの原因の一つとなるため、意識して洗うことがポイントです。

すすぐ際は30度から32度あたりのぬるま湯、触ったときにぬるいなと感じる程度を目安に温度調整します。

こめかみや髪の生え際にすすぎ残しが残らないようしっかりとすすぎましょう。

■清潔なタオルで擦らずに優しく水気を取る

18
清潔なタオルを肌に当て、水気を吸収させるように優しくポンポンと水気をとりましょう。

肌をこするようにゴシゴシと拭くとタオルと肌に摩擦がおき、傷つけてしまう場合があります。

3.泡立て洗顔で得られる2つの魅力

オイリー肌 BBクリーム

洗顔をしっかりと泡立てることで2つの魅力を得られます。

①洗顔時の肌への負担を軽減する
②汚れに吸着する

①洗顔時の肌への摩擦を軽減する

洗顔料をしっかりと泡立てることで、肌への摩擦を軽減できます。

泡立てずに洗顔をしてしまうと、肌と指との間に摩擦が起きてしまい、肌への刺激となってしまう可能性があります。

泡で洗顔することでクッションのような役割を果たし、摩擦を軽減しながら汚れを落とすことができるので、しっかりと泡立てることを意識しましょう。

②汚れに吸着する

キメ細かい泡を泡立てることで、泡が毛穴の中に入り込み、肌の汚れや余分な皮脂などにしっかりと吸着して落としてくれます。

洗顔料の泡立てを怠ると、その洗顔料の魅力を十分に発揮できず、汚れをきちんと落としきれずに肌荒れの原因になる可能性があるのでしっかりと泡立てましょう。

4.まとめ

洗顔は泡立てることで、肌への摩擦を軽減したり、汚れをしっかりと吸着して落としてくれます。

しっかりと汚れを落とすことで、肌を健やかに保ち、化粧ノリなどがよくなることも期待できます。

今回の記事を参考にして、ぜひ今日から洗顔方法を見直してみてください。

しっかりと洗顔料を泡立てて、もっちり濃密泡で汚れをしっかりと落とし、輝く美肌を目指してみませんか?

この記事は2016年01月28日時点での情報となります。
また記事の内容には個人差がございますので、ご了承ください。

おすすめの自社洗顔料

ホイップ洗顔画像

ホイップクリームのような濃厚炭酸泡が出てきます。肌になじませることで炭酸泡が汚れに吸着し、浮かせて落とすため、肌への摩擦を軽減できます。

また、炭酸は肌をやわらげてくれるので、ゴワゴワとした肌にハリ・ツヤを与えてくれることや、化粧水や美容液などを肌の角質層まで浸透しやすくしてくれることが期待できます。

こだわりの自然派美容成分やヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が贅沢に配合されているため、洗顔後もうるおいが続きます。

また、出雲の温泉水を使用するなど配合する成分にこだわり、合成香料や合成着色料などは使用していません。

摩擦をできるだけ抑えて肌に負担をかけずに不要な汚れを落とし、化粧ノリが良いスッキリした肌へと導いてくれるのでおすすめです。

商品についてもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*