話題の炭酸クレンジング!おすすめアイテムで憧れの潤ツヤ肌へ!!

炭酸クレンジング

「炭酸クレンジングって最近聞くけど、どんなものなのかな?」と気になってはいませんか?

最近は、炭酸を使った美容法やコスメが定番化しつつあります。

炭酸は、化粧品として取り入れるとお肌にとって嬉しいことがあり、毛穴の黒ずみや乾燥が気になる方におすすめです。

特に、クレンジングは炭酸と相性が良いスキンケアアイテムです。

今回はそんな炭酸クレンジングの中でもぜひおすすめしたいアイテムと炭酸クレンジングのメリットなどをご紹介します。

1.おすすめの炭酸クレンジング

まずはぜひおすすめしたい炭酸クレンジングをご紹介します。

【miarii編集部おすすめの炭酸クレンジング】

肌ナチュール 炭酸ホットクレンジング

>>肌ナチュール 炭酸クレンジング公式サイトはこちら
miarii特別価格にて販売実施中

肌ナチュール リッチモイストクレンジングは、高濃度の炭酸を含む炭酸クレンジングです。

肌ナチュールは3500ppmという高濃度炭酸を配合し、寒い季節に嬉しい温感作用もあります。

一般的に高濃度とされる炭酸泉は「1000ppm」以上の炭酸を含みますが、肌ナチュールはその3倍以上の炭酸を配合しています。

炭酸クレンジングを肌になじませるとシュワシュワと美容液状にとろけ、高濃度の細かい炭酸がメイクや毛穴の余分な皮脂、古い角質などに吸着して洗い落とすのです。

肌をゴシゴシと擦ることなく、ハンドプレスでやさしくなじませるだけでメイクを落とすので、肌への摩擦を軽減することできます。

また、これ1本で洗顔とクレンジングの役割を果たすので、ダブル洗顔による物理的な摩擦の回数も減らすことができます。

さらに肌ナチュールはそれだけでなく、温感作用があり、じんわりと温めることにより肌を柔らかくし、古い角質や毛穴黒ずみなどの汚れが洗い落ちやすく、化粧水や美容液などが角質層全体に浸透しやすい肌へと整えます。

吸着型ヒアルロン酸やセラミド、ナノコラーゲン、プラセンタなどを始めとした保湿成分出雲の温泉水、新潟の酒粕エキス(整肌成分)など国産の自然派美容成分がたっぷりと配合されているので、しっとりした洗い上がりです。

肌ナチュールは炭酸クレンジングとしてだけではなく、炭酸角質パックなどの機能も兼ね備えており、あらゆるシーンで活躍するスキンケアアイテムです。

>>肌ナチュール炭酸クレンジング 公式サイトはこちら
miarii特別価格にて販売実施中

2.炭酸クレンジング3つのメリット

炭酸クレンジング

炭酸クレンジングのメリットは、3つあります。

①肌の汚れや毛穴の黒ずみなどを落としやすくする
②肌にハリツヤを与える
③肌の角質層まで美容成分を浸透させる

2-1.肌の汚れや毛穴の黒ずみなどを落としやすくする

女性が気にしがちな毛穴の黒ずみの主な原因は古い角質や余分な皮脂、角栓であり、主にたんぱく質でできています。

炭酸にはたんぱく質に吸着する性質があると言われているので、炭酸クレンジングを使うことで、肌を清潔に保ち、毛穴が目立ちにくい肌へと導いてくれます。

また、炭酸クレンジングがメイクや汚れを浮かせて落としてくれるので、なじませる際にゴシゴシと擦る必要がなく、クレンジング時の肌への負担を軽減できます。

2-2.肌にハリツヤを与える

肌にハリツヤを与える

肌は、古い角質や汚れがうまく剥がれ落ちずに肌表面に溜まると、ゴワゴワと硬くなり、くすんでみえてしまいがちです。

硬くなった肌はハリがなく、見た目印象が暗く見えてしまう原因にもなりかねません。

炭酸クレンジングは、古い角質や肌表面の汚れをスムーズに落としてくれるので、ゴワゴワと硬くなった肌をじんわりと柔らげ、ハリツヤのある素肌へと整えてくれます。

2-3.肌の角質層まで美容成分を浸透させる

角質層まで美容成分を浸透

肌が古い角質などでゴワゴワと硬くなっていると、クレンジング後の化粧水や美容液などの美容成分が角質層までしっかりと浸透しづらいです。

どんなに高価な化粧水や美容液を使ってもなかなか実感が伴わない可能性が高いです。

炭酸クレンジングによって古い角質や汚れをしっかりと落とすことで、美容成分を角質層まで浸透しやすくし、化粧水や美容液などを実感できるような素肌へ導きます。

3.炭酸クレンジングを選ぶポイント

炭酸クレンジング

炭酸クレンジングを選ぶ際のポイントについてご紹介します。
参考にしながら、選んでみてください。

①炭酸ガス(二酸化炭素・CO2)と表記があるものを選ぶ
②炭酸濃度は「1000ppm」以上のものを選ぶ
③保湿美容成分が配合されているものを選ぶ

3-1.炭酸ガス(二酸化炭素・CO2)と表記があるものを選ぶ

炭酸クレンジング

炭酸クレンジングは成分表記に炭酸ガス(二酸化炭素・CO2)と表記があるものを選ぶことをおすすめします。

成分表記にLPG(LPガス)やイソペンタンのみの表記ではなく、炭酸ガス(二酸化炭素・CO2)と表記があると純粋な炭酸ガスであると言われています。

そのため、炭酸クレンジングを選ぶ際は、成分表記を確認するのがおすすめです。

 

3-2.炭酸濃度は「1000ppm」以上のものを選ぶ

炭酸画像

炭酸クレンジングは炭酸濃度が1000ppm以上のものがおすすめです。

炭酸濃度が「1000ppm」以上だと一般的に「高濃度炭酸」と呼ばれ、より魅力が実感できると言われています。

 

3-3.保湿美容成分が配合されているものを選ぶ

保湿

炭酸クレンジングは保湿成分が配合されているものがおすすめです。
炭酸は美容成分を角質層へ浸透しやすくする作用があるので、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が多く配合されているものを選ぶと、より良いでしょう。

成分は配合量が多いものから順番に記載されているので、できるだけ最初の方に保湿成分が記載されているものを選ぶように意識することもポイントです。

《代表的な保湿成分の一例》
・セラミド(表示例:セラミド+数字、又はセラミド+アルファベット)
・プロテオグリカン(表示例:水溶性プロテオグリカン)
・ヒアルロン酸(表示例:加水分解ヒアルロン酸・ヒアルロン酸Na)
・エラスチン(表示例:加水分解エラスチン)
・コラーゲン(表示例:加水分解コラーゲン・水溶性コラーゲン)
・グリセリン
・アミノ酸(表示例:アルギニン・グリシン・グルタミン酸・リシン)

4.まとめ

炭酸クレンジングはお肌に良いことがたくさん感じられるぜひお試しいただきたいスキンケアアイテムです。

炭酸クレンジングなどさまざまなスキンケアアイテムを試すことで、自分に合ったスキンケア方法を見つけ、美肌を目指しましょう。

 

おすすめの自社ホットクレンジング


miarii特別価格にて販売実施中

肌ナチュール炭酸クレンジングで、毎日のクレンジングが楽しみに!

炭酸泡タイプという珍しいタイプのホットクレンジングで、洗顔とクレンジングの機能を兼ね備えています。

肌に乗せると、泡から美容液状に変化し、ギュッギュッと優しくハンドプレスをして汚れとなじませます。

保湿成分であるセラミドや吸着型ヒアルロン酸やナノコラーゲン、プラセンタなどを始めとした美容成分がたっぷり配合されており、クレンジング後もしっとりとした洗い上がりです。

また、炭酸が肌をやわらげ、蓄積した古い角質などを落としやすくするので、くすみなどをやわらげ、明るい印象の肌へと導いてくれます。

そして、じんわりと肌を温める「温感作用」によって古い角質に吸着する炭酸の性質を温感作用がサポートし、肌の潤いは守りながら、さらに古い角質や毛穴の黒ずみ汚れを洗い落としやすくしてくれます。

寒さや乾燥でこわばった肌をじんわりと温めるので、クレンジング後のスキンケアが角質層へとぐんぐん浸透し、乾燥に負けない潤いに満ちた肌へ。

毎日のクレンジングでエステのような本格的炭酸美容ケアができる、おすすめの炭酸ホットクレンジングです。

商品をもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*