【必見】ニキビ予防はスキンケア方法と生活習慣が大切!

ニキビ 予防

「繰り返し何度もできるニキビ…予防する方法ってないの?」と思ってはいませんか?

ニキビが繰り返しできてしまう方はもしかしたら普段のスキンケア方法や生活習慣が間違っているからかもしれません。

ニキビ予防のポイントは、スキンケア方法や生活習慣の見直しです。

そこで今回はニキビを予防するために見直して頂きたいスキンケア方法や生活習慣をご紹介します!

1.ニキビができる原因

ニキビ 原因

ニキビができる原因は、一概にコレ!とは言えません。

特に大人になってからできるニキビは、ストレスや不規則な睡眠、食事や運動不足、ホルモンバランスの崩れなど、さまざまな要因が複雑に絡み合っていると言われています。

ただ、ニキビができる主なきっかけは毛穴の出口部分に、古い角質が重なる“角質肥厚(かくしつひこう)”が起こることにより、毛穴の出口が塞がれてしまうことです。

塞がれた毛穴の中で皮脂が詰まり、その皮脂をエサに雑菌が繁殖してニキビができてしまうと言われています。

そのため、ニキビを予防するためには古い角質が肌に溜まらないように、肌をすこやかに保つことが大切です。

2.ニキビを予防するスキンケア方法

前述したとおり、ニキビを予防するためには角質肥厚を防ぎ、肌を清潔ですこやかな状態に保つことが大切です。

こちらでは、ニキビを予防するために意識して習慣づけてほしいスキンケアポイントについて紹介します。

2-1.洗顔方法を見直す

eyes-1000404_1920 (1)

 

洗顔方法が間違っていると、肌が乾燥したり、角質肥厚になりやすくなってしまう場合があります。

ニキビができやすいという方は、洗顔方法が間違っているのかもしれません。

洗顔は、理想とするなめらかなハリツヤ肌を目指すためにも、重要なスキンケアステップです。

ニキビを予防するためにも、この機会に一度、洗顔方法を見直してみましょう。

■泡立ちが良い洗顔料を選ぶ

洗顔料 泡立ち

洗顔をするときには肌を摩擦から守るために、泡立ちが良いタイプの洗顔料を選ぶのがポイントです。

洗顔料を泡立てないで洗顔すると、汚れを落とそうとして肌をゴシゴシと強く擦り、摩擦が生じやすいです。

すると、その摩擦によって肌に負担がかかり、さまざまな肌悩みを招く原因になる可能性があります。

そのため、洗顔をするときには泡立ちの良いタイプのものなど厚みがあり、摩擦を軽減できるようなテクスチャーの洗顔料を選ぶのがおすすめです。

また、最近では泡がそのまま出てくるタイプの洗顔フォームも多く見られるので、泡立てが苦手、面倒だと感じる方にはそちらも使いやすいでしょう。

洗顔料を上手に泡立てるポイントについては、こちらの記事で詳しく紹介しているので、興味のある方はご覧ください。
>>「洗顔泡立て美容法!誰でも簡単ネット要らずの泡立て方法を伝授!」

<miarii編集部 おすすめ泡タイプ洗顔フォーム>

ホイップ洗顔画像

>>肌ナチュール炭酸洗顔フォーム
公式HPはこちら

肌ナチュールは、泡がそのまま出てくるタイプの炭酸洗顔フォームです。

モコモコのもっちり泡がそのまま出て、摩擦を抑えながら肌を泡で包みこむように洗顔ができて心地よいです。

肌ナチュールには、古い角質を構成する成分の1つであるたんぱく質に吸着する炭酸がたっぷりと配合されています。

awa_l.gif.pagespeed.ce.3mpt19S6bv

そのため、就寝中や日中に溜まった汗やほこりなどの汚れと共に古い角質や角栓汚れを洗い落としやすくし、肌を清潔な状態に保ってくれます。

泡立て時間をかけず、簡単にモコモコ泡洗顔ができるので、朝忙しい方にもおすすめの洗顔料です。

また、吸着型ヒアルロン酸やナノコラーゲンなどの保湿成分もたっぷりと入っており、汚れをしっかりと落としながらも、洗い上がりは潤って、ツッパリを感じさせません

肌ナチュールはモコモコの泡で肌を包みこむように洗えて、毎日の洗顔タイムをリッチに演出してくれるのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

>>肌ナチュール 炭酸洗顔フォーム
公式HPはこちら

■手を清潔にする

手を清潔にする

洗顔を始めるときには、最初に手を洗って清潔にすることが大切です。

手は、普段の生活の中で雑菌がつきやすい部位です。

そのため、手を洗わずに洗顔をすると、手についた雑菌が顔に移ってしまい、ニキビができやすくなってしまいます。

それだけでなく、手を洗わずに洗顔料を泡立てても、なかなかモコモコの洗顔泡を作ることができません。

洗顔は、肌を清潔に保つための大切なスキンケアステップです。

そのため、洗顔をするときには事前に手を洗って清潔にしてからおこなうようにしましょう。

■洗顔を始める前に予洗いする

洗顔 予洗い

洗顔前に予洗いをすると、肌に付いたホコリなどの汚れを落とすことができ、洗顔料もなじみやすくなって、摩擦による肌への負担を減らすことができます。

そのため、まずはぬるま湯(30~32度程度)で顔全体を軽くすすぐ、予洗いをするのがおすすめです。

また、顔をすすぐときに熱いお湯を使うと、肌を乾燥させる原因となる可能性があるので、ぬるま湯を使うように意識しましょう。

■Tゾーンから順番に洗う

洗顔洗い方

ニキビを予防するためにはTゾーンと呼ばれる額と鼻の部分から、頬、顎、口元、目元の順番で洗顔することをおすすめします。

まずは皮脂腺が多いとされるTゾーンと呼ばれる額と鼻の部分に、円を描くようにクルクルと泡をやさしくなじませます。

次にUゾーンと呼ばれる頬や顎、フェイスラインにやさしく泡をなじませ、最後に皮膚が薄くデリケートだとされる目元や口元に泡を軽く乗せて洗い流しましょう。

■1日に何回も洗顔をしない

何度も洗顔NG

基本的に洗顔は、朝と夜に1回ずつ、1日計2回おこなえば十分だと言われています。

ニキビができやすい方のなかには、皮脂やベタつきが気になって1日に何回も洗顔してしまう方も多くいるようです。

しかし、過剰に洗顔をしていると今度は肌が乾燥してしまい、乾燥した肌を守るためにさらに余分な皮脂が出てくる可能性があります。

すると、過剰な洗顔によって増えた余分な皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができる原因になってしまうのです。

そのため、洗顔を必要以上に何度もおこなうのは、控えるようにしましょう。

2-2.保湿をきちんとおこなう

保湿

ニキビを予防するためには、保湿ケアが大切です。

ニキビができやすい方のなかにはベタつくからという理由で、保湿を化粧水だけで済ませる方もいるようです。

しかし、肌は乾燥すると毛穴周りの肌が硬くなって毛穴が塞がり、皮脂が詰まってニキビができてしまう場合もあります。

また、保湿ケアができていないため、肌の乾燥を防ごうとして過剰な皮脂が出て、さらに肌がベタついたり、ニキビができる原因となる可能性もあります。

保湿ケアは、肌をすこやかに保つための大切なスキンケアです。

ニキビを予防するためにも化粧水だけでなく、美容液や乳液などを使って肌に潤いを与えましょう。

2-3.油分が少ないアイテムを選ぶ

油分少ないアイテム

どうしてもベタつきが気になる方は、オイルフリーの化粧品など油分が少ないものを選ぶことをおすすめします。
ニキビを予防するために保湿は大事ですが、過剰な油分を与えると、ニキビができやすくなる可能性があります。

そのため、油分が少ないもので水分を補給し、潤いのある肌を目指しましょう。

2-4.身の回りを清潔にする

身の回りを清潔に

ニキビを予防するためには、肌に直接触れる寝具やタオルなども清潔にすることが大切です。

肌に触れるものが不潔な状態であると、ニキビができやすくなってしまいます。

また、自宅にいるときは、できるだけ髪の毛が顔にかからないようにゴムやピンで、まとめるようにしましょう。

そのほかにも、ファンデーションやチークなどを塗るパフやブラシなどのメイク道具も雑菌が繁殖しやすいです。

直接肌に触れるアイテムなので、定期的にパフ専用の洗剤などを使って洗い、清潔にするように心がけましょう。

2-5.生理前はシンプルケアを心がける

生理前 シンプルケア

女性の場合、生理前はホルモンバランスが変化して、ニキビができやすい状態なのでシンプルなケアを心がけましょう。

生理前の肌はデリケートになっていると言われています。

この時期に新しい化粧品や過剰なスキンケアなどを試すと、肌荒れしてしまう場合もあり、あまりおすすめできません。

ニキビを予防するためにも、生理前にはいつも通りのシンプルなスキンケアを行うことが大切です。

また女性は生理によって、鉄分不足になりやすいです。

鉄分が不足していると口周りにニキビができやすくなると言われているので、レバーなど鉄分を多く含む食材を積極的に摂取するように心がけましょう。

3.ニキビを予防する生活習慣

ニキビを防ぐためには規則正しい生活習慣も需要です。

こちらでは、ニキビを予防するために気を付けたい生活習慣について紹介します。

3-1.頻繁に顔を触らない

顔 触らない

ニキビを予防するためには、むやみに顔を触りすぎないように気を付けましょう。

ついクセで頬杖をつくなど、無意識に顔を触ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、無意味に何度も顔を触っていると、手に付いた雑菌が顔に付き、ニキビができやすくなる可能性があります。

ニキビを繰り返さないようにするためにも、なるべく顔を触らないように意識してみてください。

3-2.睡眠を十分にとる

睡眠

ニキビを予防して、なめらかで潤いのある肌を保つためには、十分な睡眠をとることが大切です。

睡眠不足は、ニキビを予防するうえで天敵であり、睡眠不足が続くと肌の免疫力が落ち、ニキビなどの肌荒れが起こりやすくなるといわれています。

すこやかで理想的な肌を保つために、規則正しい睡眠は不可欠です。

深夜までダラダラと夜ふかしするのは控えて、規則正しく質の良い睡眠をとり、すこやかな肌を保ちましょう。

3-3.バランスの良い食事を摂る

バランス 食事

バランスの取れた食事を摂ることも、ニキビを予防するうえで大切な生活習慣です。

お菓子などの甘いものや油っぽいもの、コーヒーなどに含まれるカフェインなどの摂りすぎは控えて、バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

ニキビを予防するためには、過剰な皮脂を抑えるといわれているビタミンB1やB2、ビタミンEなどが含まれる食材などを積極的に摂るのがおすすめです。

また、便秘もニキビができる原因となります。

そのため便秘を防ぐために、食物繊維を摂ることもおすすめします。

■ニキビ予防のためにおすすめの食材

ビタミンB1…豚ヒレ・豚もも・ピーナッツ・たらこ・うなぎ
ビタミンB2…レバー・うなぎ・納豆・まいたけ・ブロッコリー
ビタミンE…アーモンド・ツナ・たらこ・アボガド・かぼちゃ
食物繊維…おから・大豆・納豆・モロヘイヤ・れんこん・長芋

4.まとめ

ニキビを予防するためには、自分の肌に合ったスキンケア方法と規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。

繰り返すニキビをあきらめるのではなく、思わず自慢したくなるようななめらかでハリツヤのある肌を目指してスキンケアをおこないましょう!

おすすめの自社洗顔料

ホイップ洗顔画像

ホイップクリームのような濃厚炭酸泡が出てきます。肌になじませることで炭酸泡が汚れに吸着し、浮かせて落とすため、肌への摩擦を軽減できます。

また、炭酸は肌をやわらげてくれるので、ゴワゴワとした肌にハリ・ツヤを与えてくれることや、化粧水や美容液などを肌の角質層まで浸透しやすくしてくれることが期待できます。

こだわりの自然派美容成分やヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が贅沢に配合されているため、洗顔後もうるおいが続きます。

また、出雲の温泉水を使用するなど配合する成分にこだわり、合成香料や合成着色料などは使用していません。

摩擦をできるだけ抑えて肌に負担をかけずに不要な汚れを落とし、化粧ノリが良いスッキリした肌へと導いてくれるのでおすすめです。

商品についてもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*